ADVERTISEMENT

「DCU」って?キャスト&キャラクター【まとめ】

DCU

 阿部寛主演のTBS1月期日曜劇場「DCU」(1月16日スタート、毎週日曜夜9時~※初回は25分拡大)。TBSとハリウッドの共同制作による本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU」を舞台に、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るミステリー。本作のキャスト、キャラクターを紹介します。

DCUとは……

 Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称で、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団のこと。隊長の新名正義(阿部寛)、彼とバディを組む瀬能陽生(横浜流星)らが、警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決するさまを描く。

ADVERTISEMENT

DCU新名班

新名正義(にいな・まさよし/演:阿部寛)

DCU

 隊長。ルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない。「海を汚されること」と「真実が解明されないこと」は許せない性格で、周囲の価値観に左右されず、さまざまな難事件を解き、その裏に潜む悪に立ち向かっていく。阿部は「新参者」「下町ロケット」「ドラゴン桜」など数々の日曜劇場で主演を務めてきた。

瀬能陽生(せのう・はるき/演:横浜流星)

DCU

 若手隊員。ダイバーとしての能力は、DCUの中でも群を抜いて高い。その能力が、チームを引っ張る原動力になることもあれば、時に一人で突っ走ってしまうことも。幼いころ海難事故に巻き込まれて両親を亡くし、自身は新名に助けられた過去をもつ。横浜は撮影に先立ちスキューバダイビングのライセンスを取得。中学時代には極真空手の世界王者に輝いたこともある。

成合隆子(なりあい・たかこ/演:中村アン

DCU

 中堅隊員。努力のすえ海上保安庁初の女性潜水士に。純粋かつ前向きな性格で、チームに落ち込んでいる人がいれば元気づける。メンバーたちから絶対的な信頼を得ている。中村は本作のためダイビングのライセンスを取得。実際には女性の潜水士は存在しない。

西野斗真(にしの・とうま/演:高橋光臣

DCU

 副隊長。海保でも最も過酷と言われる「特殊救難隊」で隊長を務め、エリート街道を昇り詰めた。隊長の座を新名に奪われたことに納得しておらず衝突することもあるが、組織の維持を最優先にチームを支える。高橋は、2019年7月期の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」でラグビーチームのキャプテン役を務めた。

森田七雄(もりた・ななお/演:岡崎体育

DCU

 中堅隊員。お調子者でDCUのムードメーカー的存在。潜水能力も高く、波や風への知識も豊富。水中ドローンなどメカの操作にも長けている。岡崎は本作に出演するためにダイビングのライセンスを取得し、10キロの減量にも成功した。

大友裕也(おおとも・ゆうや/演:有輝(土佐兄弟))

DCU

 中堅隊員。元特殊救難隊員で人命救助などを行っていた。歴代の特救隊員の中でも救助現場に立ち会った数は最多。同じく特救隊だった西野に憧れている。大友は航海士の資格を持つ“船マニア”。

ADVERTISEMENT

警視庁

清水健治(しみず・けんじ/演:山崎育三郎

DCU

 警視庁公安一課の刑事。公安の出世頭で、警察が仕切る“陸”の捜査に海保のDCUが同等の立場に立つことが許せない。一方で新名のことはそれなりに認めており、事件解決のために互いを利用し合う。山崎は2015年に放送された阿部主演の「下町ロケット」が民放連続ドラマ初出演となる。

DCUを取り巻く人々

神田瑠璃(かんだ・るり/演:趣里

DCU

 もとは海上保安試験研究センターにある電子情報分析課の職員で、DCUの発足によりサイバー班に異動となった。並外れたサイバー能力に、新名も信頼を置いている。趣里は、横浜も出演する映画『流浪の月』が待機中。

佐久間雄二(さくま・ゆうじ/演:佃典彦

DCU

 部長。警備救難情報課の出身で、新人時代の新名を育て上げた直属の上司。新名が最も信頼する人物で、海保上層部からの信頼も厚い。佐久間の進言によってDCUが発足し、新名を隊長に推薦した。劇作家でもある佃は2020年7月期の日曜劇場「半沢直樹」に曽根崎雄也役で出演し、土下座シーンが話題を呼んだ。

黒江真子(くろえ・まこ/演:市川実日子

DCU

 もとは海上保安試験研究センターにある化学分析課の職員で、DCU発足に伴い科学捜査班の班長に就任した。15年前にある事故で婚約者を亡くした際、事故の捜査中に新名と出会う。新名と苦難を共にしたことで距離を縮め、現在は婚約している。市川は、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のベリーちゃん役も人気。

早川守(はやかわ・まもる/演:春風亭昇太

DCU

 次長。海保ナンバー2のエリート上官。出世欲が強く、新設のDCUを成功に導くことで長官の座を狙っている。何かと目立つ新名のやり方を脅威に感じている。春風亭は人気落語家として「笑点」の司会を務める。

(C)TBS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT