ADVERTISEMENT

人生のターニングポイントはふとした瞬間に『次の停車駅 / Next Stop』

10分の極上無料短編映画体験

ブリリア ショートショートシアター オンライン × シネマトゥデイコラボ企画

 涼しくなったと思ったら、台風や長雨の影響でおうち時間が増えた方も多いはず。静かな雨の日には、夏の疲れを癒してエネルギーチャージを図りたいもの。今月のオンラインシアター Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE(BSSTO) では、困難と向き合う人々を描いたヒューマンドラマをラインナップ。遠い国の話でも、読者の皆さんの心と共振する人間の姿があるはず。鑑賞後には世界の見え方がほんのちょっと変わっているかもしれない。

※ご注意 この記事は作品についてのネタバレが含まれる内容となります。

愛娘を奪われた両親のオンリーワンの闘い方『ジョージア / GEORGIA』

ジョージア
『ジョージア / GEORGIA』より

『ジョージア / GEORGIA』
監督 ジャイル・パク
製作年 2020年
製作国 韓国
上映時間 約25分
配信期間 9月7日~12月7日

 娘の自殺をめぐる捜査を打ち切られた両親。抗議の旗を掲げることを決めるが、ふたりはコンピューター音痴で……。実話に基づいた物語。

 釜山国際短編映画祭最優秀短編賞受賞、SSFF&ASIA 2021 秋の国際短編映画祭ベストアクターアワード(アジア インターナショナル部門)受賞、アトランタ映画祭観客賞受賞など世界の映画祭で評価された作品。数多くの韓流ドラマに出演する女優イ・チェギョンが、母親役として主演している。

 タイトルの「ジョージア」とは、国の名前でもなければアメリカの州の名前でもない。本作の「ジョージア」とは英文フォントの名前だ。劇中の冒頭、夫婦が韓国語フォントにはない「ジョージア」で何か印刷物を作ろうとしているのだが……。その訳がさかのぼって語られていく。それは、校内暴力が原因で命を落とした娘の死に対し、冷たい対応をとる社会への両親の孤独な闘いだ。重いテーマで胸が痛む作品だが、娘の不在を共に悲しみ悼み、そして尊厳のために闘う二人の夫婦愛に小さくも力強い希望を感じる

ADVERTISEMENT

社会を変える意志の力『起業家リトゥ / Ritu Goes Online』

起業家リトゥ
『起業家リトゥ / Ritu Goes Online』より

『起業家リトゥ / Ritu Goes Online』
監督 ヴリンダ・サマルサ
製作年 2020年
製作国 インド
上映時間 約16分
配信期間 9月14日~12月14日

 リトゥはインド北部ハリヤナ州ナジャフガーに暮らす女性。女性としてさまざまな困難を乗り越え、ハンドバッグをネット販売するビジネスを立ち上げた。彼女は自身のビジネス経験を若い世代に伝えるため、母校を訪れる。

 舞台は家父長制的な家族観が当たり前のインドの農村部。「好き」から生まれる行動力とインターネットの力で「ガラスの天井」に挑み、成功を収めた「主婦」の姿を描くドキュメンタリーだ。短編ドキュメンタリーの魅力は、一つのイシューをシンプルに描くことにある。長編ドキュメンタリーだと、人物を描くにしても説明的になりがちだ。だが、短編はあえて説明的にしないところに意味がある。本作も短編だからこそ、主人公リトゥの表情一つ一つに注意が向き、立ち振る舞いに凝縮された人生を見ることができる。特に、母・リトゥ・娘の3世代で語らうラストシーンが良い。次世代に対してわたしたちはどんな姿を見せることができるだろうか? そんな問いを観客に投げかける作品だ。

ADVERTISEMENT

人生のターニングポイントはふとした瞬間に『次の停車駅 / Next Stop』

次の停車駅
『次の停車駅 / Next Stop』より

『次の停車駅 / Next Stop』
監督 エイナト・ガウラン
製作年 2017年
製作国 イスラエル
上映時間 約11分
配信期間 9月21日~12月21日

 バスの車内アナウンスから流れるルースの声。すべての乗客に向けられたその声に、あえて耳を傾ける者はいない。精神科医のアドバイスに従って人とつながろうと努力するも失敗ばかりのルースだったが、そんな彼女がある一瞬、人気者になる不思議な出来事が起こる。

 1回観ただけでは内容が飲み込めず、2回、3回と観てじわじわと解釈が進む作品だ。解釈が難しいだけに、観る側の自由な想像が引き出される。主人公に降りかかった「ある出来事」がきっかけになって、主人公が行動を少し変えた結果、それまでは「本当の自分ではない」と遠ざけていたものが実は自分と社会との接点になるものだったと気が付く。きっかけにしても、行動変容にしても、小さすぎてわかりにくい。が、他人からわかりずらいということも含めて、現実社会に近しいものなのではないかと感じる。人生が変わるきっかけは、日常の中に潜んでいるかもしれない。

 今回は、韓国・インド・イスラエル映画を紹介した。海外映画というと、アメリカや西欧の視点で世界を見てしまいがちだが、アジア諸国も含めさまざまな地域の作品を観ることで、世界の広さ奥深さを知ることができる。自宅にいながら世界を旅するような映画体験を、ショートフィルムで味わっていただきたい。(大竹悠介)

今回紹介した各作品は「Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE」で配信中

Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE公式サイト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT