ADVERTISEMENT

娘を奪った猟奇殺人犯と再び…中谷美紀が刑事役

ギバーテイカー

 教え子の少年に娘を殺され、刑事となった元小学校教諭の倉澤樹。12年後、“元少年”が医療少年院を退院。「あなたの大事なものを、もう一度奪います」とのメッセージが倉澤のもとに届く——。そんな衝撃的な幕開けのWOWOW「連続ドラマW ギバーテイカー」。壮絶な過去を持つ刑事と、澄んだ目をした猟奇殺人犯が対峙する本格クライムサスペンスに中谷美紀が主演。1月22日の放送開始に合わせ、彼女の主演映画5作品も特集放送されます。

中谷美紀が、教え子に愛娘を殺された過去を持つ刑事役

ギバーテイカー

 愛する夫と娘に囲まれ、穏やかな幸福を生きていた倉澤樹。その幸せはある美少年、貴志ルオトによって粉々に破壊されます。動かなくなった娘を前に、倉澤の底なしの絶望が叫びとなって空気を切り裂く——。

 倉澤を演じるのは中谷美紀。優しくて学校で人気者だった小学校教諭はその12年後、真っ黒なスーツに身を包み、質素な部屋で一人暮らしをする刑事へと変貌を遂げます。癒えぬ悲しみを胸に、その絶望を強い正義心に変え生きてきた倉澤の孤独な年月を、観る者に一瞬で納得させる佇まい。「自分と同じように苦しむ人をひとりでも多く救いたい」との想いから、刑事に転職した倉澤としての説得力を高い純度で表現していきます。それこそが中谷美紀という俳優の実力です。ふとした瞬間にこぼれてしまう、亡くした娘への深すぎる愛情。その確かな表現力が、ドラマの質を高めているのです。

菊池風磨が“殺人騎士”との異名を持つ猟奇殺人犯に!

ギバーテイカー

 貴志ルオトに Sexy Zone菊池風磨という意外な配役。親しみやすい笑顔で多くの人を惹きつけるアイドルである彼が、猟奇殺人犯役としてルオト役に全力を注ぎ、俳優として新境地を開拓しています。12歳のルオトはガラスのように澄んだ瞳と天使のような笑顔で、奇妙な吸引力を持つ少年でした。そんな彼が成長した姿を、菊池は少年の瞳と笑顔をそのまま自分のものにして登場します。

ギバーテイカー

 そして、倉澤の上司役を務めるのは池内博之。ルオトの母を演じる斉藤由貴は、息子が重すぎる罪を犯した現実を受け止めきれない心が壊れた母親という、見ていられない危うさを体現していて息を呑みます。その他、倉澤の元夫役に吉沢悠、倉澤の警察学校での同期で親友役に深川麻衣、ルオトが身を寄せるベーカリーの店主の養女役に馬場ふみかと、確かな実力派が脇を固めています。

震撼…本格クライムサスペンスの魅力

ギバーテイカー

 刑事としての生真面目な正義感と亡き娘への愛を原動力に、無謀な単独行動へと暴走する倉澤。口元に冷たい微笑をたたえながら相手を追い詰め、ときに意のまま操り、快楽を得るかのようなルオト。ルオトの犯行と思われる不審な出来事が続発し、やがて物語は、二人の対決の様相が鮮明になっていきます。

 「もしあのとき、私が——」と、いくら自責の念に駆られても娘が生き返ることはない。そう知りながら何度も同じことを考えてしまう虚しい無限ループに陥り、心身をすり減らす倉澤は、ルオトが仕掛ける巧妙な罠によって更なる絶望へと突き落とされるのです。

 そしてもうひとつ、なぜルオトは倉澤へ強い執着を見せるのか? その理由も事件を追うにつれて明らかになっていきます。Giver or Taker?——。「奪う方と奪われる方、どっちがいい?」、ガラスの瞳のルオトが語りかけます。果たして、この攻防の結末は?

ふり幅すごすぎ!中谷美紀の多彩な演技に触れる5本

ギバーテイカー
(C) 1995 Softgarage

 「ギバーテイカー」の放送に合わせ、WOWOWでは中谷美紀の主演映画5本を特集します。初主演映画『BeRLiN』で演じたのは、風俗嬢のキョーコ。公開当時19歳だった中谷の純な美しさは、無邪気でかわいい天使みたいな女の子を揺るぎなく構築し、目が離せなくなります。相手役の永瀬正敏とふたり、のちの活躍は当然! と思えるのです。

ギバーテイカー
(C) 2005 映画「電車男」製作委員会

 『電車男』は「2ちゃんねる」を舞台にしたラブコメ。オタク青年が掲示板に恋の指南を求める書き込みをしたことから物語が動きます。“高嶺の花”感が必要な“エルメス”と呼ばれるヒロインに中谷は、まさに適役。お高くとまっているわけではない、かわいらしさも醸し出して魅力的。

ギバーテイカー
(C) 2006「嫌われ松子の一生」製作委員会

 『嫌われ松子の一生』は、たったひとつのボタンのかけ違いからまっとうな人生を転げ落ちる元教師、川尻松子の華麗なる転落人生を描きます。松子の得意技は、目を見開いて口をタコみたに突き出す本気の変顔。中谷の整った顔立ちから繰り出されるその変顔の威力よ! 病弱な妹ばかりを気にかける父になんとか振り向いてほしい——。そんな松子の哀しみが痛い。ミュージカルシーンでのノリノリぶりにも注目です。

ギバーテイカー
(C) 2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

 『繕い裁つ人』では、祖母から洋裁店を受け継いだ仕立て屋・南市江を演じます。古びた洋館に暮らし、朝日の中、背筋を伸ばして足踏みミシンに向かう姿はそれだけでもう神々しいほど。けれど服を縫うこと以外はからっきし、ドジなところもさりげなくお茶目に織り込みながら演じています。

ギバーテイカー
(C) 2021「総理の夫」製作委員会

 『総理の夫』では、日本史上初の女性総理となる相馬凛子を演じます。日常が一変して右往左往する鳥類学者の夫との一見ドタバタの、でもその芯は深い愛情に貫かれた夫婦の姿が描かれます。凛子は美しく賢く強い女性。組閣時の記念撮影、ドレスで正装した凛子の美しさに目は釘付けです。

 いずれの作品も、本編の前に中谷本人による特別コメント付き。5本制覇したころには、決してツボを外すことなく、幅広い役柄を自分のものにして作品に奥行きを与える彼女の演技力に改めて驚かされるに違いありません。(文・山崎麻見)

「連続ドラマW ギバーテイカー」(全5話)は1月22日より放送・配信スタート
毎週日曜午後10時よりWOWOWプライムにて放送(第1話無料放送)、WOWOWオンデマンド(無料トライアル実施中)にて配信
番組サイトはコチラ

「『連続ドラマW ギバーテイカー』放送記念!女優 中谷美紀」は1月22日WOWOWシネマにて放送
番組サイトはコチラ

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT