ADVERTISEMENT

伊藤沙莉の“妖精発言”に池松壮亮ら共演者困惑…?『ちょっと思い出しただけ』東京プレミア上映会

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ちょっと思い出しただけ』の東京プレミア上映会に池松壮亮、伊藤沙莉、尾崎世界観、松居大悟監督が登場!

〜見どころ〜
『くれなずめ』などの松居大悟監督が、監督と脚本を務めたラブロマンス。別れを迎えたカップルが過ごした6年間を1年ずつ同じ日をさかのぼるようにして映し出す。『アジアの天使』などの池松壮亮、『タイトル、拒絶』などの伊藤沙莉、『由宇子の天秤』などの河合優実のほか、高岡早紀、菅田俊、國村隼、永瀬正敏らが共演する。松居監督作『私たちのハァハァ』などのクリープハイプが音楽を担当し、そのメンバーである尾崎世界観も出演している。

〜あらすじ〜
2021年7月26日。34歳の誕生日を迎えた佐伯照生(池松壮亮)は、サボテンの水やりなどをしてからステージ照明の仕事へ向かい、ダンサーにライトを当てていた。一方、タクシー運転手の葉(伊藤沙莉)は、客を乗せて夜の東京を走っている。トイレに行きたいという客を降ろした葉は、どこからともなく聞こえる足音に導かれて歩き出し、照生が踊るステージにたどり着く。さかのぼること1年前の7月26日。照生は自宅でリモート会議をし、葉はマスクを着けて飛沫シートを付けたタクシーを運転していた。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:choiomo.com
(C) 2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

#池松壮亮 #伊藤沙莉 #尾崎世界観

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT