二階堂ふみ、自分のものさしで人を測らないことが大切 映画『生理ちゃん』インタビュー

シネマトゥデイ 2,942回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『生理ちゃん』で主演を務めた二階堂ふみに単独インタビュー!

〜見どころ〜
生理をポップに表現して話題になった小山健のコミックを、『ヒミズ』などの二階堂ふみ主演で映画化した異色ドラマ。生理に悩む女性たちの姿をユーモラスに描く。共演者は、『獣道』などの伊藤沙莉、『兄友』シリーズなどの松風理咲、お笑いコンビ「リットン調査団」の藤原光博、『3人の信長』などの岡田義徳ら。監督をドラマ「隣の家族は青く見える」などの演出を手掛けた品田俊介が務める。

〜あらすじ〜
編集者の米田青子(二階堂ふみ)は仕事もプライベートも順調だが、忙しいときや悩んでいるときに生理がやってくる。イラストやレトロゲームが好きな山本りほ(伊藤沙莉)は、生理なんていらないと思っていた。青子の妹で受験勉強に励んでいるひかる(松風理咲)は、大事な模試の日に生理が来てしまう。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:seirichan.official-movie.com
(C) 吉本興業 (C) 小山健/KADOKAWA

#二階堂ふみ #生理ちゃん

[PR]

関連動画

[PR]