宮野真守、バナナマンら吹替声優が集結!新作の魅力を語る 映画『ペット2』吹替版完成会見

シネマトゥデイ 8,509回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ペット2』吹替版完成会見が行われ、日本語吹替版声優を務めたバナナマンの設楽統(マックス役)、日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、宮野真守(セルゲイ役)、内藤剛志(ルースター役)、伊藤沙莉(デイジー役)が登場。3年ぶりのシリーズ最新作となる今作の魅力を明かした。

〜見どころ〜
飼い主たちの知らないペットの姿を描いたアニメ『ペット』の続編。前作にも登場したくせ者ぞろいのペットたちが、またしても騒動を起こす。監督は『怪盗グルー』シリーズなどのクリス・ルノー、共同監督はジョナサン・デル・ヴァル、脚本は『イースターラビットのキャンディ工場』などのブライアン・リンチ。日本語版ボイスキャストとして、前作と同様にバナナマンの設楽統と日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美らが参加する。

劇場公開日:2019年7月26日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:pet-movie.jp
(C) Universal Studios.

#宮野真守 #バナナマン #ペット2

[PR]

関連動画

[PR]