馬場良馬、ツッコミまくりの舞台あいさつ!波乱の撮影エピソードに会場爆笑 映画『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』公開記念舞台あいさつ

シネマトゥデイ 3,567回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『HARAJUKU~天使がくれた七日間~』の公開記念舞台あいさつが実施され、主演の馬場良馬をはじめ、真宮葉月、松田圭太監督が登壇。新型コロナウイルス感染症の影響で一度は公開延期となり、ようやく封切りとなった本作について語った。

〜見どころ〜
『…and LOVE』などの松田圭太が監督を務めたドラマ。天使から余命を告げられた原宿の銭湯の店主が、終活を始める。銭湯の店主を『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズなどの馬場良馬、天使を『映画刀剣乱舞』などの椎名鯛造が演じるほか、平野良、真宮葉月、坂ノ上茜、高城亜樹、東さと、主題歌を担当したテジュらが出演している。

〜あらすじ〜
さまざまなジャンルのファッション、カルチャーが集う原宿で、英雄(馬場良馬)は1軒しかない銭湯・明治湯の店主として働いていた。ある日、英雄の魂を回収しにきたという天使(椎名鯛造)に、現世に7日間しかいられないことを知らされる。英雄は残された時間を使って終活に励む。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:is-field.com
(C) 2019「HARAJUKU 天使がくれた七日間」製作委員会. All Rights Reserved.

Baba Ryoma
#馬場良馬 #HARAJUKU

[PR]

関連動画

[PR]