映画『レフ・クレショフ傑作選』予告編

シネマトゥデイ 3,440回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』
ロシア革命直後の激動のソビエト連邦時代にモンタージュ理論を生み出し、現代映画の基礎を築いたレフ・クレショフ監督による風刺コメディー。ソビエトに視察旅行にやって来たアメリカ人男性が、悪魔の国という先入観を利用して彼をだまそうとする詐欺師一味によって、珍騒動に巻き込まれていくさまが描かれる。クレショフ監督のもとで学び、後に映画監督となるボリス・バルネットやフセヴォロド・プドフキンが出演している。
cinematoday.jp
配給: トレノバ
オフィシャルサイトlevkuleshov.com

『二人のブルディ』
クレショフ効果を示し、現代映画の基礎を築いたレフ・クレショフ監督が、さまざまな撮影技法を試みながら撮り上げた人間ドラマ。内戦が勃発(ぼっぱつ)したロシアを舞台に、戦乱に翻弄(ほんろう)されるサーカスの道化師たちのドラマを映し出す。主演は、ほかのクレショフ監督作や『宇宙飛行』などに出演するセルゲイ・コマロフ。主観ショットなど後の映画にも影響をもたらしたとされる、実験的なテクニックは必見。
cinematoday.jp
配給: トレノバ
オフィシャルサイトlevkuleshov.com

『掟によって』
モンタージュ理論の先駆者で、セルゲイ・M・エイゼンシュテインなどを育てたレフ・クレショフ監督の代表作であるサスペンスドラマ。黄金採掘にやって来た男女のグループで殺人が発生した後、川の氾濫によって孤立した殺人犯と1組の夫婦のやり取りを描き出す。アメリカ人作家ジャック・ロンドンの短編小説を基に、ロシア・フォルマリズムの代表的な人物で作家のヴィクトル・シクロフスキーが脚本を担当した。クレショフ監督が最高傑作と自負する、スリリングな展開に引き込まれる。
cinematoday.jp
配給: トレノバ
オフィシャルサイトlevkuleshov.com

掟によって』の動画

[PR]

関連動画

[PR]