吉高由里子、横浜流星とのトークで“吉高節”炸裂!距離の縮め方にさすがの声 映画『きみの瞳が問いかけている』先行上映舞台あいさつ

シネマトゥデイ 10,231回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『きみの瞳が問いかけている』の先行上映舞台あいさつが実施され、W主演の吉高由里子、横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇。本作の見どころや撮影中の裏エピソードなどを語った。

〜見どころ〜
チャールズ・チャップリンの『街の灯』にインスパイアされた韓国映画『ただ君だけ』を原作にしたラブロマンス。視力を失った女性と夢に破れた青年の恋を描く。メガホンを取るのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩。『ユリゴコロ』などの吉高由里子、『兄友』シリーズなどの横浜流星が主演を務める。

〜あらすじ〜
29歳の明香里(吉高由里子)は、思いがけない事故で視力と家族を失うが、明るく過ごしていた。ある日彼女が、管理人と間違えて塁(横浜流星)という青年に話し掛けたのをきっかけに、二人は会話を重ねるようになる。キックボクサーだった塁は、ある事件が原因で心を閉ざしており、笑顔を向けてくれる明香里は大事な存在だった。やがて自分の過去が彼女の失明と関係していたことを知った彼は、高額な手術代を稼ごうと賭博試合のリングに立つことを決意する。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:gaga.ne.jp
(C) 2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C) 2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

#吉高由里子 #横浜流星

[PR]

関連動画

[PR]