ラッパー・般若、長渕剛からの熱いメッセージに感激「これヤバくない?」映画『その男、東京につき』公開記念舞台あいさつ

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『その男、東京につき』の公開記念舞台あいさつが行われ、「フリースタイルダンジョン」でも注目を集めたラッパーの般若が登場。自身の人生に迫る長編ドキュメンタリー映画の公開を迎えた思いを語った。

〜見どころ〜
ラッパーの般若が過去や未来についての思いを語る音楽ドキュメンタリー。独特なリリックで日本の音楽シーンに大きな影響を与える般若が、いじめられた過去や音楽との出会い、これまで明かされることのなかった父への思いや今後について語る。般若のほかに、Zeebraやt-Ace、R-指定といったラッパーたちが出演。監督を務めるのは『旅するダンボール』などの岡島龍介。

〜あらすじ〜
1996年ごろから単独で活動をはじめ、日本語による独特なリリックで日本のヒップホップシーンで地位を確立しているラッパーの般若。東京・三軒茶屋で生まれた彼は、壮絶ないじめを受けた経験や音楽との出会いとジレンマなどさまざまな過去を抱えながらも、ラッパーとして日本武道館でのワンマンライブを成功させるまでになった。そして彼は、新型コロナウイルス流行の中で未来に目を向ける。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:hannyamovie.jp
(C) 2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved

[PR]

関連動画

[PR]