ADVERTISEMENT

「仮面ライダーセイバー」8年後の姿で登場!倫太郎だけ変化無し?『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)』完成披露舞台あいさつ

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)』の完成披露舞台あいさつが行われ、内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、川津明日香、飛鳥凛、上堀内佳寿也監督が登場した。

〜見どころ〜
小説家で書店の店主でもある主人公らが仮面ライダーに変身し、聖剣を手に世界と本を守るために戦う特撮ドラマの8年後を舞台にしたアクション。聖剣の持ち主たちが次々と行方を消す中、謎に包まれたライダーが現れて主人公たちを襲う。仮面ライダーセイバーこと神山飛羽真を演じる内藤秀一郎をはじめ、山口貴也、青木瞭、川津明日香、橋本さとしなどが出演。監督を『仮面ライダー』シリーズや戦隊シリーズに携わってきた上堀内佳寿也が務める。

〜あらすじ〜
神山飛羽真(内藤秀一郎)こと仮面ライダーセイバーらが世界を救ってから8年がたち、飛羽真は戦いに巻き込まれて親を亡くした少年・陸と暮らしていた。そのころ、聖剣の持ち主である剣士たちが消える事件が勃発。さらに、新堂倫太郎(山口貴也)の父親だと主張する仮面ライダーファルシオン アメイジングセイレーン(橋本さとし)が現れ、飛羽真たちを襲う。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:vcinext-saber.jp
(C) 2022 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C) 2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

#KamenRider #セイバー

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT