新田真剣佑の愛ある言葉に親友・草野大成が号泣!映画『ブレイブ -群青戦記-』公開後舞台あいさつ

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之(劇団EXILE)、草野大成、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、長田拓郎、足立英が映画『ブレイブ -群青戦記-』公開後舞台あいさつに登壇し、撮影時のエピソードトークで盛り上がった。

主演を務めた新田は「ここにいる役者全員同様、『ブレイブ』はとても大切な作品になりました」と切り出し、言葉を選びながら締めのあいさつをはじめた。新田は映画『るろうに剣心 最終章 The Final』(4月23日公開)などの出演作の公開が控えているが、主演作のプロモーション活動は今回で一区切り。安どの表情を見せながら「日本で活動をしてきて、今日が僕の第一章の終わりだと思っています」と思いを吐露した。

 また、本作で共演を果たした三浦春馬さんに思いをはせながら、新田は「これからは春馬さんの夢だった海外進出を叶えるため、思いをつなげるために海外で挑戦していきます。そして必ず結果を残して帰ってきます」と力強く誓いを立てた。

 続けて、海外進出について「この作品に出会って、いただいた新たな夢」であることを明かし、「感謝しています」と喜びをにじませる新田。「僕にとって大切な作品になったように、みなさんにとっても忘れられない大切な作品にしてほしいです。今日は本当にありがとうございました」とあふれる思いを言葉に込めて頭を下げた。

~見どころ~
「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹のコミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が実写映画化。ある日突然戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き延びようと奮闘する。『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑が主演を務め、戦国武将の松平元康(後の徳川家康)を三浦春馬、織田信長を松山ケンイチ、ヒロインを山崎紘菜が演じる。

~あらすじ~
スポーツ強豪校の弓道部に所属する高校2年生・西野蒼(新田真剣佑)は、目立つのが苦手で弓道場で練習に打ち込むだけの日々を送っていた。ある日、雷が落ちたかと思うと校庭の向こうに城が出現し、校内には武士たちが乱入してくる。全校生徒がパニックに陥る中、歴史好きな蒼は戦国時代の「桶狭間の戦い」直前に学校がまるごとタイムスリップしてしまったことを悟る。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:brave-gunjosenki.jp
(C) 2021「ブレイブ ‐群青戦記‐」製作委員会 (C) 笠原真樹/集英社

#新田真剣佑 #ブレイブ群青戦記

[PR]

話題の動画

[PR]