吉野朔実の漫画を石井杏奈主演で映画化『記憶の技法』予告編

シネマトゥデイ 3,717回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

「少年は荒野をめざす」「いたいけな瞳」「period(ピリオド)」などで知られる漫画家・吉野朔実の同名漫画に基づくミステリー。主人公は、幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、意識が飛ぶ奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた東京在住の女子高校生、鹿角華蓮(石井杏奈)。ふとしたことから“由(ゆかり)”という姉がいたこと、自身が養子に出されていたことを知った彼女は、真実を追求するために同級生・穂刈怜(栗原吾郎)と共に出生地の福岡へ向かう。メガホンをとるのは、黒沢清監督の愛弟子として知られる脚本家・映画監督の池田千尋。
映画『記憶の技法』は11月27日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
(C)吉野朔実・小学館/ 2020「記憶の技法」製作委員会
#記憶の技法 #石井杏奈 #栗原吾郎

[PR]

関連動画

[PR]