鈴木紗理奈が海外の映画祭で主演女優賞を受賞!映画『キセキの葉書』予告編

シネマトゥデイ 94,007回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

阪神・淡路大震災から半年後の兵庫県西宮市を舞台に、重度の障害がある娘と認知症とうつ病を併発した母親を抱える主婦の姿を描いたドラマ。脇谷みどりの著書「希望のスイッチは、くすっ」を、ジャッキー・ウー監督が映画化した。遠方に暮らす母を励ますために葉書を送り続けた主人公を、タレントで女優の鈴木紗理奈が熱演し、マドリード国際映画祭で最優秀外国語映画主演女優賞を受賞した。共演に、申芳夫、雪村いづみ、赤座美代子、亀井賢二らが名を連ねている。
作品情報:cinematoday.jp
制作・配給: ミューズ・プランニング

[PR]

関連動画

[PR]