ADVERTISEMENT

中村倫也&向井理、初共演時の思い出を赤裸々に語る ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」舞台あいさつ

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

中村倫也、吉岡里帆、向井理が登壇した、ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」舞台あいさつの模様をお届け!

〜見どころ〜
「劇団☆新感線」が41周年興行として2021年秋に上演した舞台「狐晴明九尾狩」を映像化。平安時代の京の都で活躍する陰陽師・安倍晴明と、陰陽師に化けて宮廷に入り込んだ九尾の妖狐との頭脳戦を描く。作・演出を、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきと演出家・いのうえひでのりが担当。晴明を『水曜日が消えた』などの中村倫也、九尾の妖狐を『神の舌を持つ男』シリーズなどの向井理が演じるほか、吉岡里帆、浅利陽介、竜星涼、早乙女友貴らが出演する。

〜あらすじ〜
平安時代の中ごろ、京の都で宮廷陰陽師として仕える安倍晴明(中村倫也)は、圧倒的な陰陽道の才能から「狐晴明」と呼ばれていた。ある夜、九つの尾を持つ凶星を見た彼は、唐の滅亡後大陸を戦乱状態に陥らせた九尾の妖狐が日の本に現れたことを悟り、急いで参内する。しかし九尾の妖狐退治は、大陸で学問を修めて帰国した陰陽師宗家の跡取り・賀茂利風(向井理)に命じられる。だが、妖狐はすでに利風の体を乗っ取り内裏に侵入していた。その事実を見抜いた晴明は、妖狐を倒すべく動きだす。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:geki-cine.jp
(C) ヴィレッヂ/劇団☆新感線

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT