コウテイ九条ジョー、俳優デビューに緊張⁉︎ “ズィーヤ”披露も「やばい もう帰りたい…」『ゾッキ』公開直前イベント

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『ゾッキ』の公開直前イベントが行われ、竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督、九条ジョー(コウテイ)、鈴木福、松井玲奈、大橋裕之が登場。キャスティングの秘話や、“ゾッキ”への思いを語った。

〜見どころ〜
『超能力研究部の3人』『音楽』などの原作で知られる漫画家・大橋裕之の初期短編集を実写映画化。それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描く。俳優業以外にも多岐にわたって活動する竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同監督、舞台演出家・劇作家の倉持裕が脚本、ミュージシャンのCharaが音楽監督を務めた。『見えない目撃者』などの吉岡里帆、『コドモ警察』などの鈴木福、『君が君で君だ』などの満島真之介をはじめ、石坂浩二、松田龍平、國村隼らが共演する。

〜あらすじ〜
離婚して東京から実家に戻ってきたりょうこ(吉岡里帆)は、物思いにふける祖父(石坂浩二)から「秘密は大事に」と言われる。その助言を受けりょうこが秘密を聞くと、祖父は驚くべき事実を告白する。一方、ママチャリで南を目指しあてもなく旅に出た藤村(松田龍平)は、途中で事故を起こし指を痛めた際に高校時代の秘密を思い出す。痛みをこらえながら走り続ける彼は、立ち寄った漁港で地元の漁師たちと触れ合い、再び旅を続ける。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:zokki.jp
(C) 2020「ゾッキ」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]