ADVERTISEMENT

仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを受け継いでいく責任 白倉伸一郎プロデューサーが語る 映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』インタビュー

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

2021年は「仮面ライダー」50周年、および「スーパー戦隊」シリーズ45作目を迎えるダブルアニバーサリーイヤー。この記念すべき年に公開となる映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』は、現在放送中の「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」、そして歴代のヒーローたちの根幹に関わる“ヒーロー誕生の秘密”に迫る物語だ。そこで、本作のプロデュースを務めた白倉伸一郎に、両シリーズが積み重ねてきた歴史をいかにして未来につなげるのか、その思いと覚悟を聞いた。

〜見どころ〜
「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」を中心に、歴代の「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」が共演する特撮アクション。互いに相手の世界に迷い込んでしまった「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」の登場人物たちが共闘し、世界を混乱に陥れた敵と戦う。出演は内藤秀一郎や駒木根葵汰など両シリーズのレギュラー陣のほか、ゲスト出演として鈴木福と谷田歩が登場する。監督を務めたのは『仮面ライダー』シリーズに携わってきた田崎竜太。

〜あらすじ〜
仮面ライダーセイバーこと神山飛羽真(内藤秀一郎)たちが「機界戦隊ゼンカイジャー」の世界へ、ゼンカイザーこと五色田介人(駒木根葵汰)らが「仮面ライダーセイバー」の世界へ迷い込んでしまう。飛羽真や介人たちは混乱の鍵を握る謎の少年(鈴木福)と出会い、世界を崩壊させようとするアスモデウス(谷田歩)との戦いに挑む。

劇場公開:
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:movie-rider50-ranger45.com
「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C) 2021 テレビ朝日・東映AG・東映

#仮面ライダー #スーパー戦隊 #白倉伸一郎

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT