高橋一生、映画『空飛ぶタイヤ』の魅力を明かす

シネマトゥデイ 13,744回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。
cinematoday.jp
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]