映画『僕はもうすぐ十一歳になる。』予告編

シネマトゥデイ 38,372回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

昆虫が大好きな小学生を主人公に、死生観について描いた人間ドラマ。昆虫採集や標本作りに夢中な主人公が、大人たちの死についての矛盾する考えに触れ、死とは何かを考え始める姿を描く。メガホンを取るのは、本作が初めての長編監督作となる神保慶政。死について思いをめぐらす少年らしい真っすぐな目と心、秘境専門旅行会社に勤めていたという神保監督のインドやブータンへの造詣から生まれた死生観が興味深い。
cinematoday.jp
配給: ニューシネマワークショップ
y-jimbo.com

[PR]

関連動画

[PR]