映画『終わりゆく一日』予告編

シネマトゥデイ 16,632回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

チューリヒを拠点に活動する映画作家トーマス・イムバッハ監督が、15年間撮り続けた風景と留守番電話へのメッセージを融合させて生み出した自伝的作品。何げない日常の風景と共にそれぞれの声によって父親の病気と死、そして息子の誕生とパートナーとの別離などがつづられる。カメラに映し出されるのは、子どもたちや労働者などのごく普通の人々。監督自身の人生を反映させた物語や、圧倒的な迫力の映像美が深い余韻を残す。
cinematoday.jp
配給: フルモテルモ
配給: コピアポア・フィルム
day-is-done.com
(C) 2011 OKOFILM SRF ARTE Thomas Imbach

[PR]

関連動画

[PR]