ADVERTISEMENT

【トークノーカット】小出恵介、藤原さくら登場!『銀平町シネマブルース』先行上映舞台あいさつ

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

小出恵介、藤原さくら、日高七海、城定秀夫監督が登壇した、映画『銀平町シネマブルース』先行上映舞台挨拶の模様をトークノーカットでお届け!

〜見どころ〜
『アルプススタンドのはしの方』などの城定秀夫が監督、『たまもの』などのいまおかしんじが脚本を務めたヒューマンドラマ。小さな街の映画館を舞台に、そこに集う人々が織り成す人間模様を描く。主人公を『風が強く吹いている』などの小出恵介が演じ、『友だちのパパが好き』などの吹越満、城定監督作『ビリーバーズ』などの宇野祥平のほか、藤原さくら、日高七海らが出演する。埼玉県川越市にあるミニシアター・川越スカラ座で撮影が行われた。

〜あらすじ〜
一文無しの近藤(小出恵介)は、かつて青春時代を過ごした街・銀平町に戻ってくる。そこで映画好きな路上生活者・佐藤(宇野祥平)、商店街にある映画館・銀平スカラ座の支配人・梶原(吹越満)と知り合ったことをきっかけに、銀平スカラ座でアルバイトとして働き始める。スタッフやベテラン映写技師、個性豊かな常連客たちとの出会いを通じて、近藤はかつての自分と向き合う。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:g-scalaza.com
(C) 2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

#小出恵介 #藤原さくら

ADVERTISEMENT

関連動画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT