「ハル・ハートリー監督特集」予告編

シネマトゥデイ 5,730回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『愛・アマチュア』
ニューヨークを舞台に作品を撮る『シンプルメン』などのハル・ハートリー監督が、『パッション』などのイザベル・ユペールをヒロインに迎えたエロチックな異色ドラマ。尼僧からポルノ小説家になったヒロインと彼女に介抱される記憶喪失の男を主人公に、二人の間に芽生える友情とも愛情とも表現できない奇妙な関係を描く。記憶喪失の男を演じるのは、『シンプルメン』『インソムニア』などのマーティン・ドノヴァン。ポルノ小説家役のイザベルが怪演する奔放で破天荒なヒロインに引き込まれる。
cinematoday.jp
配給: 株式会社ジェイブイディー
jvd.ne.jp
(C) Possible Films

『シンプルメン』
ニューヨーク・インディペンデント映画界の鬼才、ハル・ハートリー監督が、失踪(しっそう)した父親を捜す兄弟と彼らに手を貸す女たちの姿を描くロードムービー。元大リーグの名野球選手でありながら爆破テロ事件の容疑者となった父親を捜す泥棒と大学生の兄弟を中心に、男女の姿をハードボイルドなタッチで描写する。ハートリー監督の長編デビュー作『アンビリーバブル・トゥルース』のロバート・バーク、ウィリアム・セイジなどが出演。ソニック・ユースの音楽を採用するなど、ハートリー監督らしいセンスに注目。
cinematoday.jp
配給: 株式会社ジェイブイディー
jvd.ne.jp
(C) Possible Films

『アンビリーバブル・トゥルース』
インディーズ映画界で活躍し、1990年代に日本でも人気を博したハル・ハートリー監督の長編デビュー作となる一風変わったラブロマンス。世界の終わりを憂える少女とミステリアスで孤独な男が、惹(ひ)かれ合っていくさまを描き出す。出演は、『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』の監督・脚本・出演のエイドリアン・シェリーと、『ロボコップ3』などのロバート・バーク。ニューヨーク郊外の至って普通の住宅地で展開される独特な世界観など、ハートリー監督の鮮烈な感性が存分に発揮されている。
cinematoday.jp
配給: 株式会社ジェイブイディー
jvd.ne.jp
(C) Possible Films

『はなしかわって』
『シンプルメン』などのハル・ハートリー監督が約5年ぶりに長編作のメガホンを取り、ニューヨークで人助けに奔走する中年男を主人公に人生の希望と再生を描いたドラマ。マンハッタンに暮らすジャズドラマーが、その器用さと人の良さで人と人との距離を縮める様子を映し出す。主演は、ハートリー監督の『ブック・オブ・ライフ』などに出演するD・J・メンデル。ハートリー監督の元妻であり、村上龍原作・監督の『トパーズ』に出演した二階堂美穂も出演する。スタイリッシュな映像と、夢見る成功には手が届かずとも前向きに生きる主人公に魅了される。cinematoday.jp
配給: 株式会社ジェイブイディー
jvd.ne.jp
(C) Possible Films

[PR]

関連動画

[PR]