藤原竜也&竹内涼真、赤ペン瀧川の作品解説に感心!映画『太陽は動かない』公開御礼舞台あいさつ【トークノーカット】

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

藤原竜也、竹内涼真が映画『太陽は動かない』公開御礼舞台あいさつに羽住英一郎監督、赤ペン瀧川と登壇。

〜見どころ〜
吉田修一の小説「太陽は動かない」「森は知っている」を原作にしたサスペンスアクション。爆弾を埋め込まれた2人のエージェントが、極秘情報をめぐる頭脳戦に挑む。『暗殺教室』シリーズなどの羽住英一郎がメガホンを取り、『予告犯』シリーズなどの林民夫が脚本を担当。『カイジ』シリーズなどの藤原竜也、ドラマ「過保護のカホコ」などの竹内涼真らが出演する。

〜あらすじ〜
秘密組織に所属するエージェントの鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)は、心臓に爆弾を埋め込まれてしまう。24時間ごとに死の危険が迫る中、人類の未来を左右する次世代エネルギーに関する極秘情報の争奪戦が始まる。各国のエージェントたちを相手にする二人に、次々と困難が降り掛かる。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:taiyomovie.jp
(C) 吉田修一/幻冬舎 (C) 2020「太陽は動かない」製作委員会

#藤原竜也 #竹内涼真 #太陽は動かない

[PR]

話題の動画

[PR]