シネマトゥデイ

中村悠一のドリフトしてみたい相手は!?『パシフィック・リム:アップライジング』初日舞台挨拶 その2

シネマトゥデイ 13,101回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

映画『パシフィック・リム:アップライジング』初日舞台挨拶が13日、都内で行われた。
日本語吹き替え声優を務める、中村悠一(ジェイク・ペントコスト役)、早見沙織(アマーラ・ナマニ役)、森なな子(ヴィク役)、石川界人(イリヤ役)が登壇した。

-映画の見どころ-
2013年に公開されたSFアクション『パシフィック・リム』のシリーズ第2弾。平穏を取り戻した地球に進化したKAIJUが再び出現し、人類と激闘を繰り広げる。監督はドラマシリーズ「スパルタカス」などに携わってきたスティーヴン・S・デナイト。『デトロイト』などのジョン・ボイエガ、『スクランブル』などのスコット・イーストウッド、『バベル』などの菊地凛子、『ちはやふる』シリーズなどの新田真剣佑らが出演する。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:pacificrim.jp
(C) Legendary Pictures / Universal Pictures.

[PR]

関連動画

[PR]