役所広司、過酷な撮影に挑戦! 映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』インタビュー

シネマトゥデイ 2,790回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

世界最高峰のエベレストを舞台にした、日中合作のスペクタクル映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主演を務める役所広司とプロデューサーのテレンス・チャンにインタビュー。

ー映画の見どころー
標高8,848メートルを誇る世界最高峰のエベレストを舞台にした、日中合作のスペクタクル。救助隊が墜落した飛行機からの機密文書回収に挑む。監督と脚本をユー・フェイ、製作を『フェイス/オフ』などのテレンス・チャンが務める。『孤狼の血』などの役所広司、『ゴールデン・スパイ』などのチャン・ジンチューのほか、リン・ボーホン、ヴィクター・ウェブスターらが出演する。

ーあらすじー
ヒマラヤ一帯の平和を守るために、周辺国がヒマラヤ公約を締結する会議を開くことが決定した。しかし、ヒマラヤ地区の平和を揺るがしかねない内容が記された機密文書を載せた飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。ヒマラヤで活動する救助隊のWingsに、機密文書回収のために動いているというインド軍の特別捜査官からガイドの依頼が舞い込む。不審なものを感じながらも引き受けた隊長のジアン・ユエシュン(役所広司)は、隊員のシャオタイズー(チャン・ジンチュー)、ヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)とエベレストの頂に向かう。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:over-everest.asmik-ace.co.jp
(C) Mirage Ltd.

[PR]

関連動画

[PR]