山本舞香、『とんかつDJ』初日に笑顔で登場 観客に気遣い「楽しかったですか?」映画『とんかつDJアゲ太郎』初日舞台あいさつ

シネマトゥデイ 42,074回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが行われ、北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海、二宮健監督が登壇した。

〜見どころ〜
ウェブ漫画誌「少年ジャンプ+」で連載され、2016年にはアニメ化もされたイーピャオ(原案)と小山ゆうじろう(漫画)のギャグ漫画を実写映画化。家業がとんかつ屋の主人公がクラブカルチャーに魅了され、一人前のとんかつ屋とDJを目指す。お調子者の主人公に『君の膵臓をたべたい』などの北村匠海がふんし、『ギャングース』などの山本舞香、『惡の華』などの伊藤健太郎のほか、片岡礼子、ブラザートム、伊勢谷友介らが共演。『チワワちゃん』などの二宮健がメガホンを取った。

〜あらすじ〜
渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」三代目の跡取り息子・勝又揚太郎(北村匠海)は、父のもとで修業中だがキャベツの千切りしか任せてもらえない。ある日、弁当の配達に訪れたクラブで、音楽に合わせて盛り上がるフロアに圧倒される。豚肉にもDJ機材にも触ったことのない揚太郎は、とんかつもフロアもアゲられる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指して奮闘する。

映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:wwws.warnerbros.co.jp
(C) イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]