シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター|1962年東京生まれ|●著書に、「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」、新潮新書「スター・ウォーズ学」(共著) ●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画制作で、国際エミー賞芸術番組部門、日本民間放送連盟賞最優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞

近況: ●シネマトゥデイ短評●「3月のライオン」公式サイト評 https://goo.gl/TCISFh ●日テレ/Hulu「神山健治×大友啓史」対談進行●TOKYO FM「スカパー!日曜シネマテーク」●「Pen」特集コラム●「キングコング:髑髏島の巨神」劇場パンフ●J-WAVE「BOOK BAR」●集英社「kotoba」冬号<蒐集家の悦楽>ギレルモ・デル・トロの悪夢と恐怖の屋敷・荒涼館●映画.comコラム「この世界の片隅に」ドキュメント・レビュー●円谷プロ「金城哲夫賞」プロジェクト●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

清水 節 さんの映画短評

全199件中1~5件を表示しています。 Next »
  • パワーレンジャー
    カタルシスよりも多様な若者たちの葛藤・結束・成長を優先
    ★★★★★

     フィジカルが躍動する場は“採石場”。洗練されたヒーローデザインは、あくまでも“卵形の頭とタイトな全身スーツ”。そしてゴージャスなフルCGの“合体ロボ”。「スーパー戦隊」の骨格を守りつつも、製作費120億円でワールドワイドに展開するには、こうしなれば説得性に欠けるとする監督のこだわりが炸裂。鬱屈を抱えたヒーローらしからぬ他人同士の若者たちが連帯感を強めるまでの物語が延々と描かれるのだ。出自が異なる選ばれし5人の結束と成長がなければ力は発揮できないとする演出には、オリジナル版への批評性を感じさせるが、歌舞伎や時代劇の流れを汲み、大見得を切る「型の文化」であることが理解されていないのは残念だ。

  • カーズ/クロスロード
    ミドル・クライシスにもがくピクサー自身の、世代交代の神話
    ★★★★

     自らの限界を感じ始めたマックィーンと新世代レーサーの台頭。子供たちを置き去りにするほど、“中年の危機”に向き合う深刻な作り。マックィーンのボディ・ナンバーは第1作制作当初、ジョン・ラセターの生年を表わす「57」だったが、『トイ・ストーリー』の制作年「95」に変更したという経緯がある。つまり主人公はラセターでありピクサーだ。シリーズの精神的支柱ドックは、古巣ディズニーの黄金期「50年代」のレジェンド。オモチャやクルマをモチーフに、アナログとデジタルを対比させてきたラセターも還暦を迎え、本作を新人監督に委譲した。あまりにも内省的な物語。これは、世代交代の現実に直面したピクサー自身の神話である。

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
    第1作への回帰、主要キャラ再登場…すべてはプロデュースの勝利
    ★★★★

     海洋映画の名手監督の起用、若き男女が呪いを解く物語の中心にいて、その周辺をジャックが飄々と立ち回る第1作に立ち返った構造、そして何より、満を持してのウィル&エリザベスの再登場。すべてはプロデュースの勝利だ。剣戟や大海獣といったスペクタクル要素に欠けるのは残念だが、3作目に登場していたヘンリーの成長譚として、宿敵バルボッサの完結譚として、見応えは十分。北を指さないコンパスや、瓶に閉じ込められたブラックパール号など、過去4作にちりばめられたネタを有効活用し、脚本テクニック的にも抜かりなし。邦題は見納め感を醸し出すが、続編やる気満々の幕切れ。かつて絶滅していた海賊映画サーガは終わりそうない。

  • メアリと魔女の花
    魅惑的だが危うい魔法なんかに頼らず、自らの力で生きていく覚悟
    ★★★★★

     ジブリ出身者が立ち上げたポノック第1弾。モチーフは魔法。馴染み深い絵柄や動きを随所に見て取り、安心感を抱き嘆息もする。ジブリ的なるものから逃れようとするもがきこそ醍醐味だ。この魔法は科学文明の暴走を思わせ、社会的なメッセージ性を孕んでいるが、ひょんなことから不思議な力を身につけてしまい称揚される平凡な主人公に、米林宏昌監督は自らを重ね合わせてもいる。魔法学校の校長と科学者の存在は、さしずめ鈴木敏夫Pと宮崎駿監督か。魅惑的だが、所詮消えてしまう危うい魔法などに頼らず、自力で生きていく覚悟こそテーマ。ポノックはまだメタモルフォーゼの途上にある。魔法を解くために魔法の力を借りているのだから。

  • ディストピア パンドラの少女
    終末の光景に美しささえ覚える愛と希望のゾンビ・サバイバル
    ★★★★

     パンデミック→ゾンビ化→人類滅亡のカウントダウンという展開は誰もが知るプロットだが、本作はある存在によって、愛と希望に満ちた革新的なジャンルムービーへと昇華する。それは、ウィルスと共生して生きながらえる子供たち。いわば“半身半ゾンビ”だ。生きた肉を求める行動や風貌は危険かつ醜悪だが、彼らには人類救済のカギがある。ただひとり、感染しながらも知的で豊かな人間性を失わない少女を演じた新星セニア・ナニュアが、実に生命力に溢れている。『わたしを離さないで』的な切なく恐ろしいミステリーから、『幼年期の終り』的な荘厳なテーマへ。このゾンビ映画には、終末の光景に陶酔させてしまう力がある。

全199件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク