シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

ミルクマン斉藤 さんの映画短評

全414件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ドクター・スリープ
    キングの大嫌いな『シャイニング』におんぶにだっこ。
    ★★★★★

    最初に告白しておくと、『シャイニング』の原作は読んでいてキューブリックの映画とまるで違うのは判ってるし、今回の原作は未読である。原作者キングがキューブリックの作を毛嫌いしてるのは百も承知の上で本作を観るとなんとも微妙な心地にさせてくれるのだな。冒頭からこの監督は何から何まで、肝心な箇所はすべてキューブリック版『シャイニング』をトレースする形で作っている。しかし物語はベタなホラー設定からどうにも逃れ得ないもので(文字で読めばそのあたり、キングの筆力によって特別に感じられるのだろうが)、とりわけ謎のシャイニング吸精集団のひ弱さったら「長生きするしか能がないのか!」とツッコミたくなる始末。

  • シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢
    生きにくい世界でアウトサイダーが積み上げた夢。
    ★★★★

    昔、澁澤龍?の著作で知った、霊感と妄念による史上最大級建築物の成立譚。とはいえ、なんせ創造者は真面目すぎるほどの郵便配達夫なのだから過剰にドラマティックなことなど何も起きない。それがドキュメンタリ畑の監督(ベルトラン・タヴェルニエの息子)ゆえか、過度な情緒に流れないのがこの素朴派の精髄に合っているのだ。感情表現は至ってぎこちないものの、そこからときおり漏れ出る真情を的確に表現する名優ジャック・ガンブランと、こんな男に何故か惹かれて後妻となる(ほのかな狂気を湛えた)女性を演じるレティシア・カスタの名演あってこそだが。建設途上の宮殿がやたらリアルだけれど、本物からCGで消してったんだってさ。

  • 再会の夏
    原題「赤い首輪」のほうがずっと意味を持つ。
    ★★★★

    父親である巨匠ジャックよりも今や僕的には好きかもしれないジャン・ベッケル86歳の作。汎世界的に郷愁を誘う詩情あふれる風景と人間模様、直接的間接的にぐっさり暴かれる厭戦思想に心奪われる“田舎町映画”が彼の本領 (その頂点は『クリクリのいた夏』) だが本作もその系列といえる。第一次大戦になんと愛犬とともに従軍し、レジオン・ドヌール勲章まで授与されながら戦後留置場に収監された男に何があったのか。軍判事(『最強のふたり』の…というより『殺意の夏』のF・クリュゼ)の聴取により明らかになっていくその“罪”は、静かだが痛烈な戦争への皮肉だ。まるで短編小説のように簡潔できりっとした、まさに名匠の作。

  • シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
    90’sテイストだからってパメラ・アンダースン出しますか。
    ★★★★

    いや、ちょっとナメてました。「ヒャッハー!」シリーズ(って日本で勝手につけて名付けてるだけだが)の才人フィリップ・ラショーがいつものように監督・脚本・主演してるだけあり、まぁこのネタだからギャグはほぼすべてシモ絡みなんだけど、それも含めて原作へのリスペクトは最大級、彼のルックスも手伝ってスマートな仕上がり。往年のJ-P.ベルモンド冒険映画を思わせるノリもあるし、キャメラワークも冴えている。POVで目の前のドタバタを傍観者的に捉えるシーンなんて大したものよ。メイン・キャストだけ日本名(フランスでの冴羽獠はニッキー・ラーソンというらしい)という吹替も別に違和感なし。山寺宏一もさすがに巧いしね。

  • アナと雪の女王2
    同じことは二度やりませんという気魄が凄い。
    ★★★★★

    エルサの秘密を自国の黒歴史に結び付けるという政治的物語は、ジェンダー論的な意味で歴史を変えた前作にも増して高度、それだけ観客も成長しているというのを信じてのことだろう。後ろ3分の2はずっとクライマックス、「第5のエレメント」にエルサが気づくまでの道行で歌われるテーマ曲はこれでもかとばかり盛り上げるし、一旦絶望したアナが自らの使命に鼓舞され再び立ち上がるまでの楽曲に“Let It Go”の音型を忍ばせるなどミュージカルとしての企みも効いている。ところで「水には記憶がある」という思想は北欧圏に遍在するものなのだろうか、ある不思議なエストニア映画でも雪だるまが語っていたのだが。

全414件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク