シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
主要部門紹介WOWOW
作品賞 監督賞 主演男優賞 主演女優賞 助演男優賞 助演女優賞
作品賞
監督賞 監督賞
監督賞

キャスリン・ビグロー
『ハート・ロッカー』

監督名

1951年11月27日生まれ、アメリカ出身。コロンビア大学の大学院で映画を学び、『ニア・ダーク/月夜の出来事』で単独監督デビュー。以降、アクション、SF、サスペンスと幅広いジャンルを手掛け、ダイナミックかつ骨太な演出力で世界を驚かせてきた。実話をベースにした潜水艦映画『K-19』以来、7年ぶりの監督作となる『ハート・ロッカー』で、監督賞に初ノミネート。アカデミー賞史上初の女性監督賞受賞者となるか。

監督賞

ジェームズ・キャメロン
『アバター』

監督名

1954年8月16日生まれ、カナダ出身。『ターミネーター』『エイリアン2』『トゥルーライズ』など、卓越した映像センスでヒット作を連発してきた。全世界で大成功を収め、アカデミー賞を総ナメした『タイタニック』から12年。最新作の『アバター』では、これまでの映画の概念を覆すほど革新的な3D映像を創造し、またしても爆発的大ヒットを記録した。世界歴代興行収入を塗り替え、今回2度目の監督賞ノミネート。

監督賞

クエンティン・タランティーノ
『イングロリアス・バスターズ』

監督名

1963年3月27日生まれ、アメリカ出身。レンタルビデオ店の店員をしながら多くの脚本を執筆し、『レザボアドッグス』で映画監督デビューを飾る。『パルプ・フィクション』ではカンヌ国際映画祭でパルムドールほか数々の賞に輝き、アカデミー賞でも7部門にノミネートされて脚本賞を受賞した。あふれるイマジネーションで映画ファンを魅了してやまない個性派監督が、2度目のノミネートでオスカー像を手にすることができるか。

監督賞

ジェイソン・ライトマン
『マイレージ、マイライフ』

監督名

1977年10月19日生まれ、カナダ出身。映画監督を父に持ち、製作現場に親しんで育つ。21歳で手掛けた短編映画が好評を博し、『サンキュー・スモーキング』で長編映画監督デビュー。2作目の『JUNO/ジュノ』が批評家から絶賛され、興行的にも大成功した。3作目となる『マイレージ、マイライフ』では時代の空気をスマートに描き出し、キャストの魅力を引き出す手腕に称賛が集まる。監督賞ノミネートは前作に続き2度目。

監督賞

リー・ダニエルズ
『プレシャス』

監督名

1959年12月24日生まれ、アメリカ出身。自ら立ち上げた製作会社で『チョコレート』を製作、ハル・ベリーが主演女優賞に輝いて話題をさらい、同じく製作に携わったケヴィン・ベーコン主演『The Woodsman』(原題)でも数々の映画賞を受賞し、プロデューサーの地位を固める。監督デビュー作は2005年、ヘレン・ミレン主演の『サイレンサー』。監督2作目となる、過酷な環境に生きる黒人少女を描いた『プレシャス』が絶賛され、初のノミネート。

監督賞
PAGE TOP
主演男優賞
主演男優賞 主演男優賞
主演男優賞

ジェフ・ブリッジス
『クレイジー・ハート』(原題)

俳優名

1949年12月4日生まれ、アメリカ出身。俳優一家に育ち、幼少期にショービズ界入り。本格的に俳優となって間もなくの1971年公開『ラスト・ショー』で初のアカデミー賞ノミネート。以来、今回で5度目のノミネートとなる。出演作で何度も歌声を披露しており、『クレイジー・ハート』(原題)でも落ちぶれたカントリー歌手を熱演。ゴールデン・グローブ賞ほか前哨戦を制して大本命に躍り出た。

主演男優賞

モーガン・フリーマン
『インビクタス/負けざる者たち』

俳優名

1937年6月1日生まれ、アメリカ出身。長い下積みを経て、『ドライビング Miss デイジー』や『ショーシャンクの空に』で名声を高める。2005年には『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー助演男優賞を受賞。今回の『インビクタス/負けざる者たち』ではネルソン・マンデラ本人の希望により南アフリカ共和国大統領を演じ、初の主演男優賞受賞を狙う。

主演男優賞

ジョージ・クルーニー
『マイレージ、マイライフ』

俳優名

1961年5月6日生まれ、アメリカ出身。海外では「最もセクシーな男」や「世界で影響力のある100人」にも選ばれ、日本でもファンの多い俳優。33歳のとき、テレビドラマ「ER 緊急救命室」でブレイク。ヒット作に出演する一方で製作や監督業にも進出し、2006年のアカデミー賞では『シリアナ』で助演男優賞受賞、『グッドナイト&グッドラック』で監督賞と脚本賞にノミネートされた。今回、初の主演男優賞受賞を狙う。

主演男優賞

コリン・ファース
『ア・シングル・マン』(原題)

俳優名

1960年9月10日生まれ、イギリス出身。1995年、イギリス製作のテレビドラマ「高慢と偏見」で、英国アカデミー賞テレビ部門の主演男優賞にノミネートされて注目を集める。『恋におちたシェイクスピア』など良作への出演を重ね、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズではヒロインの恋人役をイギリス紳士らしいスマートさで好演。『ア・シングル・マン』(原題)で念願のアカデミー賞ノミネートを果たした。

主演男優賞

ジェレミー・レナー
『ハート・ロッカー』

俳優名

1971年1月7日生まれ、アメリカ出身。1995年に映画デビューし、『ジェフリー・ダーマー』で2003年のインディペンデント・スピリット賞主演男優賞にノミネート。『S.W.A.T.』『ジェシー・ジェームズの暗殺』で着実に演技力を付けてきており、『ハート・ロッカー』では爆発物処理を専門とする命知らずの兵士を熱演。アカデミー賞主演男優賞候補に初名乗りを上げた。

主演男優賞
PAGE TOP
主演女優賞
主演女優賞 主演女優賞
主演女優賞

サンドラ・ブロック
『しあわせの隠れ場所』

女優名

1964年7月26日生まれ、アメリカ出身。1987年『ハングマン』で映画デビューし、1994年『スピード』でブレイク。今回『しあわせの隠れ場所』では、アメフト選手のマイケル・オアーを引き取って育てた肝っ玉母さんを演じ、ゴールデン・グローブ賞ほか、3つの主演女優賞を受賞している。意外にもアカデミー賞ノミネートは今回が初めて。ゴールデン・グローブ賞に続く栄冠なるか。

主演女優賞

メリル・ストリープ
『ジュリー&ジュリア』

女優名

1949年6月22日生まれ、アメリカ出身。実在の料理研究家ジュリア・チャイルドを本人そっくりに演じた『ジュリー&ジュリア』で、昨年の『ダウト ~あるカトリック学校で~』に引き続きアカデミー賞ノミネートとなった。何と今回で史上最多16回目のノミネート。『クレイマー、クレイマー』『ソフィーの選択』で2回受賞しているが、今回3度目の受賞となるか?

主演女優賞

ヘレン・ミレン
『ザ・ラスト・ステーション』(原題)

女優名

1945年7月26日生まれ、イギリス出身。舞台女優としてデビューし、40年以上の長きにわたり、実力派女優として多くの尊敬を受けている。『クィーン』では2007年のアカデミー主演女優賞を受賞しており、ノミネートは今回で4回目となる。『ザ・ラスト・ステーション』(原題)ではロシアの文豪トルストイの妻を演じている。実際、ロシア貴族の血を引く彼女が2度目の主演女優賞を狙う。

主演女優賞

キャリー・マリガン
『17歳の肖像』

女優名

1985年5月28日生まれ、イギリス出身。2004年に舞台で女優デビューし、2005年の『プライドと偏見』で映画デビュー。同年、ドラマ「ブリーク・ハウス」で注目を集める。映画出演4作目の『17歳の肖像』で、年上の男性と恋に落ちるティーンを演じ、見事アカデミー賞初ノミネートとなった。恋愛によって成長していく少女を演じた彼女、このアカデミー賞ノミネートにより女優としても成長が期待される。

主演女優賞

ガボレイ・シディベ
『プレシャス』

女優名

1983年5月6日生まれ、アメリカ出身。映画初出演・初主演作となる『プレシャス』で、いきなりノミネートされたラッキーガール。映画では、ニューヨークのハーレムで、満足な教育もされず、家族から性的・精神的虐待を受けつつも、ソーシャルワーカーらの助けを得て立ち直ろうとする少女を懸命に演じている。今回、アカデミー賞を受賞して、真のシンデレラガールになりうるか!?

主演女優賞
PAGE TOP
助演男優賞
助演男優賞 助演男優賞
助演男優賞

クリストフ・ヴァルツ
『イングロリアス・バスターズ』

俳優名

1956年10月4日生まれ、オーストリア出身。1970年代よりオーストリアやドイツ、スイスの舞台やテレビドラマ、映画で活躍。出演作に『トルスタンとイゾルデ』『私が愛したギャングスター』などがある。今回『イングロリアス・バスターズ』では冷酷無比なナチス軍人を怪演し、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞など数々の賞を受賞。アカデミー賞でも本命視されている。

助演男優賞

マット・デイモン
『インビクタス/負けざる者たち』

俳優名

1970年10月8日生まれ、アメリカ出身。幼なじみのベン・アフレックと共同で脚本を書き上げた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で、アカデミー賞脚本賞を受賞して知性派俳優としての地位を確立。『ボーン・アイデンティティー』がスマッシュヒットを記録し、アクションにも開眼。『インビクタス/負けざる者たち』では、演技部門での初受賞に期待がかかる。

助演男優賞

ウディ・ハレルソン
『ザ・メッセンジャー』(原題)

俳優名

1961年7月23日生まれ、アメリカ出身。1994年の『ナチュラル・ボーン・キラーズ』で強烈過ぎる印象を残し、『ラリー・フリント』ではタイトルにもなっている実在のポルノ雑誌編集者を演じてアカデミー賞主演男優賞にノミネート。カルトからコメディーまでこなす一方、暴行事件や過激な活動でたびたび話題になることも。今回、『ザ・メッセンジャー』(原題)での重厚な演技で2度目のノミネートとなった。

助演男優賞

スタンリー・トゥッチ
『ラブリーボーン』

俳優名

1960年11月11日生まれ、アメリカ出身。イタリア系アメリカ人の家庭に生まれたため、さまざまな作品でイタリア系アメリカ人を演じ、『ロード・トゥ・パーディション』『プラダを着た悪魔』『ジュリー&ジュリア』などの脇役でも存在感を見せる。1996年の初監督作品『シェフとギャルソン、リストランテの夜』では、映画祭や賞レースで多くの賞を受賞。今回の『ラブリーボーン』では凶悪な殺人鬼を演じ、初のアカデミー賞ノミネート。

助演男優賞

クリストファー・プラマー
『ザ・ラスト・ステーション』(原題)

俳優名

1927年12月13日生まれ、カナダ出身。舞台や映画、テレビドラマで活躍し、トニー賞に何度もノミネートされているベテラン俳優。『ローマ帝国の滅亡』のコモドウス役や『サウンド・オブ・ミュージック』でのトラップ大佐役で1960年代にはすでに活躍していたが、今回『ザ・ラスト・ステーション』(原題)でロシアの文豪トルストイを演じ、初のアカデミー賞ノミネート。

助演男優賞
PAGE TOP
助演女優賞
助演女優賞 助演女優賞
助演女優賞

モニーク
『プレシャス』

女優名

1967年12月11日生まれ、アメリカ出身。1999年から放送された「The Parkers」テレビシリーズで人気を博し、コメディエンヌ、テレビ司会者として活躍している。今回『プレシャス』では主人公を肉体的・精神的に虐待する母親を演じている。既にこの役ではゴールデン・グローブ賞ほか、いくつかの賞を受賞している。アカデミー賞を受賞した際には、壇上でのパフォーマンスも期待される。

助演女優賞

ペネロペ・クルス
『NINE』

女優名

1974年4月28日生まれ、スペイン出身。1992年スペイン映画『ハモンハモン』でデビュー、2006年の『ボルベール<帰郷>』でアカデミー賞に初ノミネート。昨年は『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞。今回、ミュージカル映画『NINE』では映画監督の妖艶(ようえん)な愛人を演じ、セクシーな下着姿とコケティッシュな歌声を披露している。昨年に引き続いての受賞に期待がかかる。

助演女優賞

ヴェラ・ファーミガ
『マイレージ、マイライフ』

女優名

1973年8月6日生まれ、アメリカ出身。1996年に「テイキング・サイド」で代役としてブロードウェイ・デビューを飾る。2004年の『Down to the Bone』で3つの映画祭にて主演女優賞を受賞し注目を浴びる。2006年の『ディパーテッド』ではヒロインを演じた。今回、『マイレージ、マイライフ』では割り切った恋に落ちる現代女性をサバサバと演じ、妙齢の女性ならではの魅力を見せた。

助演女優賞

マギー・ギレンホール
『クレイジー・ハート』(原題)

女優名

1977年11月16日生まれ、アメリカ出身。映画監督の父親、脚本家の母親の元に生まれ、弟のジェイクも俳優という芸能一家に育つ。1992年、父親が監督する『Waterland』で映画デビュー。2002年の『セクレタリー』で注目を浴びた。本作では老ミュージシャンを見守るジャーナリストを演じている。幅広いジャンルの作品に出演する演技派だが、意外にもアカデミー賞ノミネートは今回初めて。

助演女優賞

アナ・ケンドリック
『マイレージ、マイライフ』

女優名

1985年8月9日生まれ、アメリカ出身。1998年に「High Society」でブロードウェー・デビュー。映画デビューは2003年のミュージカル映画『キャンプ』。トニー賞やインディペンデント・スピリット賞新人賞にノミネートされた経験もあり、映画・舞台両方での活躍が期待されている。今回『マイレージ、マイライフ』では新人リストラ宣告人をキュートに演じている。

助演女優賞
PAGE TOP

 

主要部門紹介:
作品賞監督賞主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞
 
第82回アカデミー賞特集:
アカデミー賞速報ノミネート全リスト主要部門紹介オスカー予想潜入レポート

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク