シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェラルド・バトラー、スコットランドの血を誇りに

ジェラルド・バトラー、スコットランドの血を誇りに
ジェラルド・バトラー

 『300』のイギリス・プレミアがロンドンで開催され、主演のジェラルド・バトラーらが出席した。強大なペルシャ軍に立ち向かうスパルタ王、レオニダスを演じたバトラーは、共演者のレナ・へデイと共に登場。BBCが伝えたところによると、スコットランド出身のバトラーは「レオニダスを演じるにあたり、多くのスコットランド男性を参考にした。多くのものを失った兵士の心情に、似ている部分がたくさんあったんだ」と語った。また、「この映画の出演したのは、ギリシャのためであるのと同時に、スコットランドのためでもある」と自らのルーツを誇るコメントを寄せた。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「300」もしや新たな戦略か? from Kinglog's Realm (2007年3月19日 1時46分)
    え~、まず、公開が6月なので、日本でもこれから、どんどんこういう感じで話が入ってきそうです。(拍手!) ところで、例のことが、また、どんどん広がっているのか?どうなのか? 本国オーストラリアでもわざわざ検索せずにTOPニュースの一員です。 世界的に、こ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 3月
  4. 19日
  5. ジェラルド・バトラー、スコットランドの血を誇りに