シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『キル・ビル』のビル、死因は自己発情窒息死の可能性大

『キル・ビル』のビル、死因は自己発情窒息死の可能性大
デヴィッド・キャラダイン - Andrew H. Walker / Getty Images

 バンコクのホテルで首をつった状態で発見された映画『キル・ビル』のデヴィッド・キャラダインの司法解剖がアメリカ国内でも行われ、自己発情窒息死を示唆する結果が出たとWENNが報じた。

 自己発情窒息は、窒息感によって性的快感を得る危険な性行為。ホテルで発見された遺体は、首と手首と性器にロープが巻かれていたため、自慰行為の最中に酸素不足になり、事故死した可能性が高いと考えられ、タイの検死局も同様の検死結果を提出していた。

 しかし、家族は他殺の可能性があるとFBIに捜査を要請。アメリカに帰国した遺体に2度目の司法解剖が行われたが、タイの結果と同じく、自己発情窒息死の可能性が大きいということになったようだ。亡くなったデヴィッドの弁護士はCNNのラリー・キングのトークショーに出演した際、デヴィッドがカンフーの秘密組織を調査していたことを明かし、暗殺された可能性もあると語っていた。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 12日
  5. 『キル・ビル』のビル、死因は自己発情窒息死の可能性大