シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米映画興収低調が続く 初登場第1位の作品でも2,000万ドルに届かず -3月21日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

米映画興収低調が続く 初登場第1位の作品でも2,000万ドルに届かず -3月21日版
全米第1位となった映画『リミットレス(原題)/Limitless』ポスター - Mike Coppola / Getty Images

 映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』で一躍脚光を浴び始めたブラッドリー・クーパー主演映画『リミットレス(原題)/Limitless』が1,891万ドル(16億735万円)の収益を上げて全米ナンバーワンとなった。(1ドル85円計算)

 2,756館・推定3,200スクリーンで公開され、非常に高い視聴率をはじき出すスーパーボウルにて何回もCMを流したというのに、デビュー週末の興行成績は先ごろ公開された同種ジャンルのリーアム・ニーソン主演の映画『アンノウン』や、マット・デイモン主演の映画『アジャストメント』にも劣る成績。ブラッドリー初の大型主演作品ということを考えれば、あまり悪くない成績なのだが勢いに欠ける。ちなみに、本作の配給を担当するレラティビティー・メディアが行った観客調査によると観に来ていた52パーセントが女性、全体の60パーセントが25歳以上の観客であったと発表している。

 第2位は、先週に引き続き映画『ランゴ』で1,508万ドル(約12億8,180万円)。春休みシーズンとなり子どもたちが映画館に足を運び始めたため、落下度も比較的少ない33.3パーセントと好調な公開3週目である。ちなみにこの作品は、封切り後17日目にして9,234万ドル(約78億4,890万円)の収益を上げている。

 第3位は、先週のトップから59.1パーセントも急降下してしまった映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』で1,454万ドル(約12億3,590万円)。ここ数年間に公開された同種ジャンル作品の封切り後同時期成績と比べると、全米で去年冬に公開された映画『スカイライン-征服-』よりは上を行く成績だが、アカデミー賞候補にもなった映画『第9地区』や、実話を基にした映画『ブラックホーク・ダウン』の成績には届いていない。

 第4位は、初登場でマシュー・マコノヒー主演の映画『ザ・リンカーン・ロイヤー(原題)/The Lincoln Lawyer』で1,321万ドル(約11億2,285万円)。2,707館・3,000スクリーンで公開されたこの作品は、マシュー主演のラブコメかアクション以外のジャンルにおいては、映画『評決のとき』以来の好成績を記録している。だが、ベストセラーの映画化作品であることや今はやりのグルーポンがこの作品に限り格安鑑賞券を発売したりしているにもかかわらずデビュー第4位というのは、イマひとつさえない成績。これは、スタジオ側が打ち出した焦点のボヤけたPR作戦のせいであると界隈ではうわさされている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 3月
  4. 24日
  5. 米映画興収低調が続く 初登場第1位の作品でも2,000万ドルに届かず -3月21日版