シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

伝説のコミック『ワイルド7』の実写版映画、中井貴一、椎名桔平、宇梶剛士ら豪華キャストが明らかに!(1/2)

伝説のコミック『ワイルド7』の実写版映画、中井貴一、椎名桔平、宇梶剛士ら豪華キャストが明らかに!
前列左から、中井貴一、椎名桔平、瑛太、後列左から松本実、宇梶剛士、阿部力

 1969年から1979年まで漫画雑誌「週刊少年キング」で連載され、「バイクに乗った七人のアウトロー警視」というキャッチコピーで人気を博したコミックの実写化映画『ワイルド7』のキャスト発表会見が2日に埼玉県内の製作現場で行われ、決定済みの主演の瑛太と丸山隆平(関ジャニ∞)のほか、新たに発表された中井貴一、椎名桔平、宇梶剛士、阿部力、平山祐介、松本実、そして羽住英一郎監督が登場した。中井は本作の意義について「今のように被害者が守られない社会で、悪人を誰かに退治してほしいと思っている人は多い」と語った。

 ピストルの達人である飛葉(ひば)を演じる瑛太は、玩具店で買った銃で家でも特訓していることを明かし、「原作のファンも裏切らないものすごい超大作ができると思う。期待してほしいです」と作品の出来に自信をのぞかせた。ところが激しいアクションを要求する監督については「(共演者の)深田恭子さんをバイクの後ろに乗せて、ヘルメットをかぶらずに車を抜いていくシーンがある。かなり飛ばしていたが、監督から『もうすこし飛ばせるよね?』と言われた。監督のドSぶりが発揮されて楽しくやらせてもらっています」と暴露して会場を笑わせた。

 会見では瑛太、丸山以外に発表された新キャストたちの口もなめらか。元暴走族の総長という経歴を持つ宇梶は、バイクに乗ったシーンで過去の血が騒いだようで、「遠い昔に捨て去った、封印した過去を連想した。こんな感じだったかな……と浮かんできたことを表現していた」と明かせば、椎名も「チームワークを良くしないといけないから、1か月以上九州でロケをしたときはとにかく7人で飲んだ。その効果が現場での勢いに繋がった気はします」と笑顔で語るなど、終始和やかな雰囲気だった。

 そして貫禄を見せたのは7人を統率する警視正役の中井。子どものころは、ほとんど漫画を読むことがなかったそうだが、「(本作の原作者の)望月さんの漫画は買いあさっていた。(出演オファーが来たら)普段は台本を見せてと言うのだが、『ワイルド7』と聞いて台本も見ずにやりますと返事をしました」と同作の大ファンであったことを明かす。さらに「今のように被害者が守られない社会で、悪人を誰かが退治してほしいと思っている人は多いと思う。僕がもしこのメンバー率いるなら徹底的にやると思います」とすっかり役になりきって力強く語り、会場からは喝采をあびていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 3日
  5. 伝説のコミック『ワイルド7』の実写版映画、中井貴一、椎名桔平、宇梶剛士ら豪華キャストが明らかに!