シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウディ・アレン監督を直撃!ウディ・カラーは実は暖色系!ブルーの映画は撮らないことを告白(1/2)

ウディ・アレン監督を直撃!ウディ・カラーは実は暖色系!ブルーの映画は撮らないことを告白
ウディ・アレン監督

 映画『マンハッタン』や『アニー・ホール』など秀作を手掛けてきたニューヨークをこよなく愛すウディ・アレン監督が、パリで撮影した新作『ミッドナイト・イン・パリ(原題) / Midnight in Paris』について語った。

 同作は、アメリカ人の作家ギル(オーウェン・ウィルソン)と婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)は、出張中の両親とともにパリに滞在している。ところが二人の気持ちはすれ違い、お互いが別行動を取り始める。そして、ギルが一人きりで夜のパリを徘徊(はいかい)していた矢先、思いがけない人物に出会い始めていくというロマンティック・コメディ作品。

 オーウェン・ウィルソンのように俳優だけでなく、過去に脚本を執筆したことのある俳優への演出のアプローチは違うのか?さらに、脚本を現場で改稿することはあるのか、との質問に「実は、オーウェンが過去に脚本を執筆していた(映画『天才マックスの世界』、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』)ことを知らなかったんだ。僕は、普段からどんな俳優でも同じ演出をしているし、脚本も常に改稿できる状態にある。だから、僕の作品に参加すると決まったら、すぐに彼らに自由にやって良いと伝えているんだ。それは、脚本の中で俳優がやりたくないことや、何か加えたいことは、彼らに任せて変更しているからなんだ。僕は、あくまで映画内で真実味があるのであれば、快くそれ(俳優のアイデア)を許可しているんだよ」と出演した俳優たちを束縛しないような演出方法を取っていることを語った。

 オーウェンが演じたキャラクター、ギルには尊敬する作家がいるが、ウディ・アレン自身には影響を受けた人物はいるのだろうか。「若いころは脚本家のS・J・ペレルマン(『80日間世界一周』)や俳優のグルーチョ・マルクスで、年を取るにつれ、イングマール・ベルイマン監督は僕のヒーロー的な存在になっていた。僕がキャバレーでコメディをやっていたころのインスピレーションは、このグルーチョ・マルクスとイングマール・ベルイマンから得ていて、彼らは全く違った個性を持っているから、そこに惹かれていたんだ」と明かした。

 近年、海外で撮影を試みていることについて「僕が最初にイギリスのロンドンで映画『マッチポイント』を撮影したのは、制作費を(イギリスの制作会社が)バックアップしてくれたからなんだ。その『マッチポイント』の撮影はすごく良い体験で、その体験を通して外国もアメリカも大して変わらないと思ったんだよ。その後、撮影したバルセロナでもパリでも、撮影クルーはそれほど英語を喋れないが、なんとかコミュニケーションを図ることができたんだ。それに海外は、僕の作品に寛大で、道を遮断して撮影を許可したりもしてくれるんだ」と述べたウディは、次回作はローマで撮影することになっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 21日
  5. ウディ・アレン監督を直撃!ウディ・カラーは実は暖色系!ブルーの映画は撮らないことを告白