シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

GWの風物詩『名探偵コナン』初登場トップ!劇場版「シュタゲ」も大ヒットスタート!【映画週末興行成績】

GWの風物詩『名探偵コナン』初登場トップ!劇場版「シュタゲ」も大ヒットスタート!
GWといえば「コナン」! 「クレしん」「シュタゲ」など今週もアニメの活躍が目立つ - (C) 2013 青山剛昌 / 名探偵コナン製作委員会

 先週末の興行ランキングは、ゴールデンウイークの風物詩である劇場版「名探偵コナン」シリーズ第17弾『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』が初登場首位を獲得した。全国344スクリーン公開で、土日2日間の成績が動員56万5,914人、興収6億7,154万8,700円となっている。

 「名探偵コナン」シリーズはここ数年、コンスタントに初日2日間で5億円を突破するなどスタートダッシュに強く、今年も過去最高のスタートとなった昨年度対比で106.6パーセントと安定感を見せている。また同じく人気シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』も2位に初登場。全国324スクリーン公開で、土日2日間の成績は動員19万9,993人、興収2億2,533万7,650円となった。

 スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『リンカーン』は3位初登場。全国331スクリーンで公開され、土日2日間で動員13万7,546人、興収1億6,289万4,000円を上げるヒットスタート。3週連続トップを走り続けた『DRAGON BALL Z 神と神』は4位にダウン。公開23日間で累計動員202万8,523人、累計興収24億6,981万5,950円で、動員200万人を突破した。

 公開5週目の『シュガー・ラッシュ』は5位。『舟を編む』は6位で、累計動員が27万9,123人、累計興収が3億2,842万2,150円。そして7位には、人気ゲームを原作に、さまざまなメディアミックス展開がされてきたテレビアニメの映画化『劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』が初登場。全国18スクリーンの小規模公開ながら、土日2日間の成績で動員5万7,634人、興収8,682万2,800円という驚異の大ヒットスタートを切った。

 8位は『ライジング・ドラゴン』。9位の『プラチナデータ』は累計動員197万2,378人。累計興収は24億1,659万9,450円。10位の『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』は累計動員348万121人、累計興収37億8,457万3,000円。そして公開5週目の『相棒シリーズ X DAY』は11位。累計動員は99万5,841人、累計興収11億7,610万7,850円となった。

 今週末は『アイアンマン3』『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』『図書館戦争』『藁の楯 わらのたて』『ジャッキー・コーガン』『ラストスタンド』『戦争と一人の女』『モンスター』『めめめのくらげ』『17歳のエンディングノート』『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』など多くの映画が公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 23日
  5. GWの風物詩『名探偵コナン』初登場トップ!劇場版「シュタゲ」も大ヒットスタート!