シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジェレミー・アイアンズ、『007』ボンド役を断ったことに悔いなし!

ジェレミー・アイアンズ、『007』ボンド役を断ったことに悔いなし!
ジェレミー・アイアンズ、ボンド役をオファーを受けていた - Adela Loconte / WireImage / Getty Images

 名優ジェレミー・アイアンズが、人気スパイアクションシリーズ『007』のジェームズ・ボンド役のオファーを受けていたものの、「アイコニックな役には興味がない」と断っていたことが明らかになった。

 イギリス人俳優のジェレミーは1980年、『フランス軍中尉の女』の撮影中に、『007』シリーズの映画化を始めたプロデューサー、アルバート・R・ブロッコリと面会し、当時ロジャー・ムーアが務めていたボンド役を引き継ぐ可能性について話し合ったという。

 洗練されたスパイを映画で演じれば、その後のキャリアでその役のイメージにとらわれることになると感じたため、ジェレミーはその機会をつっぱねたことを認めた。

 ジェレミーは、英デイリー・テレグラフ紙に対して、「かつてジェームズ・ボンドに関する話し合いをしたことがある。『フランス軍中尉の女』の撮影中だった。ブロッコリがやってきて、イギリスのライム・レジスで会ったんだ。実のところ、僕はそんなに興味を持っていなかった。(ボンドは)とてもアイコニックな役だから、演じればその役のイメージから脱却できなくなるだろうと思ったからね」と語った。

 『007』は自分が引き受けるべきでないと決断を下したジェレミーだが、新作『ハイ・ライズ』で共演したトム・ヒドルストンを次期ボンドに推しており、トムなら現ボンド役のダニエル・クレイグが身に着けているタキシードも申し分なく着こなせるだろうと思っているとのこと。

 ボンド役のオファーを断った俳優の中には、同役を軽くあしらってしまったとして、その決断をミスだったと振り返るものもいるが、ジェレミーの場合は過去50年にわたるキャリアで成し遂げられたことに満足しており、後悔はないという。「僕は後悔とともに生きるようなタイプの人間じゃない。自分でベッドを整え、夜はそのベッドでよく寝られるタイプの人間だ。物事は違った方向に進むこともあるだろう。もしかしたらもっと幸せだったかもしれないし、そうじゃないかもしれないって? 僕はイギリスの演劇にもっと身を入れるべきだったかって? 本当にそんな欲望を抱いたことはないよ。僕はいつも誰かがその役を僕以上に上手くこなすだろうって思っていたんだ。知ったこっちゃないけど」と話していた。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 31日
  5. ジェレミー・アイアンズ、『007』ボンド役を断ったことに悔いなし!