シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウシジマくん山田孝之「続きはない!」と断言

ウシジマくん山田孝之「続きはない!」と断言
初日舞台あいさつに登壇し撮影現場を振り返った綾野剛(左)、山田孝之

 都内で『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』初日舞台あいさつが行われた。この日は、山田孝之、永山絢斗、安藤政信、間宮祥太朗、YOUNG DAIS、最上もが(でんぱ組.inc)、高橋メアリージュン、玉城ティナ、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督も来場し、ウシジマを演じた山田は、シリーズを見事に終わらせた満足感を吐露、続きはないと断言した。

 暴利で金を貸し付けるヤミ金「カウカウファイナンス」の社長ウシジマ(山田)を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落人生を描いた、真鍋昌平の同名漫画が原作の「闇金ウシジマくん」シリーズ。本作では、ウシジマの現在と中学時代を交錯させながら、裏社会で生きることになったウシジマの過去の因縁とルーツに迫る。

 ウシジマの同級生で、「誠愛の家」で借金返済のために過酷な労働に従事する竹本を演じた永山は、「山奥での撮影で寒さと戦っていました」と当時の様子を振り返ると、「なかなかレギュラーの方たちとお会いできなかったので、何の撮影をしているかよくわからない…しんどい」と本音を吐露して苦笑い。

 同じく「誠愛の家」の住人・甲本を演じた太賀も「過酷で寒くて自分たちが何をやっているのか全然わからない」と打ち明けると、その理由を「汚い服を着させられて、汚い場所で、目の前に暴力しかないような世界で、どんどん心がすさんでいく」と詳細に説明した。すると綾野が「半分クレーム?」とツッコむが、太賀は「違います! 違います!」と全力で否定すると、「今思うと、壮絶で楽しい現場でした」と取って付けたような言葉で締めて、綾野を笑わせていた。

 本作をもって実写版「闇金ウシジマくん」シリーズは完結する。客席から「またやって!」と声をかけられた山田は「やらないです。観てもらえればその言葉は出ないと思います。ちゃんと見事に終わらすことができたと思っています」と断言すると、「6年間続けてきて、多くの人に見てもらえる作品に育ったのでうれしいです」としみじみ。そして、「また面白いことができないかなと思っている」と話すと、「さっき山口監督に探りを入れたら(プロジェクトが)3つ動いていると言っていたので、どれかで噛めるかもしれません」とニヤリ。ファンの期待をあおるコメントを残し、ウシジマワールドのステージを降りた。(取材/錦怜那)

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 23日
  5. ウシジマくん山田孝之「続きはない!」と断言