シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

『ドクター・ストレンジ』1位スタート!松坂桃李&菅田将暉『キセキ』は2位【映画週末興行成績】

『ドクター・ストレンジ』1位スタート!松坂桃李&菅田将暉『キセキ』は2位
ベネさまがヒーローに挑戦! 『ドクター・ストレンジ』が3日間で興収5億円突破のヒットスタート! - (C) 2017MARVEL

 土日2日間(1月28~29日)の全国映画動員ランキングを30日に興行通信社が発表し、海外ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」のベネディクト・カンバーバッチを主演に迎えたヒーローアクション『ドクター・ストレンジ』が動員23万7,722人、興行収入3億9,408万900円で初登場1位を飾った。

 次元を超越した、魔術バトルを迫力の映像で描き出した本作は、3D・4D・IMAX版など、プレミアムシアターでの鑑賞が人気。年齢層は10代から20代が中心、客層は女性、カップル、親子連れが数多く来場した。初日の27日金曜日を合わせた3日間の累計成績は動員31万3,354人、興収5億1,393万1,000円の大ヒットスタートとなっている。

002
GReeeeNの名曲誕生秘話を描いた『キセキ』が2位。(C) 2017「キセキ −あの日のソビト−」製作委員会

 覆面ボーカルグループGReeeeNの代表曲「キセキ」。この誰もが知る名曲誕生にまつわる物語を松坂桃李、菅田将暉のダブル主演で描いた『キセキ −あの日のソビト−』が2位に初登場。動員18万2,044人、興収2億3,286万4,600円を記録した。メイン館となる丸の内TOEIや新宿バルト9をはじめ、多くの上映館で満員が続出。配給元の東映は「興収10億円超えは確実、最終的に15億円を期待できる」としている。

002
『君の名は。』は238億円を突破! (C) 2016「君の名は。」製作委員会

 先週、公開22週目で首位返り咲きを果たした『君の名は。』は2ランクダウンとなったもののベスト3圏内をキープ。累計動員1,835万1,883人、238億2,830万7,500円とジワジワ数字を積み上げている。

 「家政婦のミタ」などで知られる脚本家・遊川和彦の初監督作『恋妻家宮本』が動員8万5,454人、興収1億460万9,100円をあげ初登場4位。客層の男女比は49対51で半々。年齢別では50代が48.3%、40代が18%、60代が12.3%と続いた。黒川博行の「疫病神」シリーズを佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)で映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は動員8万4,000人、興収1億800万円で初登場5位を記録した。

 今週末は『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『虐殺器官』『咲 -Saki-』『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』『LIVE FOR TODAY−天龍源一郎−』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年1月28日~29日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『ドクター・ストレンジ』:1週目
2(初)『キセキ −あの日のソビト−』:1週目
3(1)『君の名は。』:23週目
4(初)『恋妻家宮本』:1週目
5(初)『破門 ふたりのヤクビョーガミ』:1週目
6(3)『新宿スワンII』:2週目
7(2)『本能寺ホテル』:3週目
8(4)『沈黙−サイレンス−』:2週目
9(7)『この世界の片隅に』:12週目
10(初)『マグニフィセント・セブン』:1週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 1月
  4. 31日
  5. 『ドクター・ストレンジ』1位スタート!松坂桃李&菅田将暉『キセキ』は2位