シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マグニフィセント・セブン

公式サイト:http://Magnificent7.jp
マグニフィセント・セブン
英題:
THE MAGNIFICENT SEVEN
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年1月27日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作会社:
Metro-Goldwyn-Mayer Pictures / Columbia Pictures / LStar Capital / Village Roadshow Pictures / Pin High Productions / Escape Artists Productions
カラー

見どころ:黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。『トレーニング デイ』『イコライザー』でフークア監督とタッグを組んだデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンらが結集する。熱いストーリーと迫力のアクションに注目。

あらすじ:悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

マグニフィセント・セブン

映画短評

  • なかざわひでゆき
    むしろ原典の普遍性に気付かされる最新リメイク
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     オリジナル版『荒野の七人』は言うに及ばず、これまで世界中で数えきれないほどリメイクされ、パクられてきた『七人の侍』のストーリーを、鬼才アントン・フークアがどう料理するのか興味津々だっただけに、あまりの直球ぶりに違った意味で驚いた。基本プロットはストレートな焼き直しだ。
     人種の多様性を重視したキャラ設定など、僅かな変更によってトランプ時代の米国社会に対する警鐘が垣間見える点は面白い。それだけ原典が普遍的なのだ。とはいえ、アクションに比重を置きすぎてドラマが希薄になってしまった感は否めず、予想通りの展開がサクサクと進んでいくため、クライマックスへ向けての盛り上がりもいまひとつ。全体的に惜しい。

  • 清水 節
    多種多様なガンマンを率いるリーダーの動機は崇高とはいえない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     痛快な銃撃戦で目を楽しませてくれる名作リメイクにしてウエスタンの再生だが、物語は今を映す鏡だ。独裁から村を救済するよう、黒人ガンマンに依頼するのは女性。原点に囚われすぎず、役者の個性を生かし「7人」の人種は多種多様。菊千代に当たる両義的な存在はなく、ガンマンと村人のドラマは希薄だが、ポイントは主人公が身を投じる動機だ。勘兵衛の「この飯おろそかには食わんぞ」に当たる大義名分なきままの参戦。理由が語られるとき、往年のジャンルの殻を被った、現代的な“負の連鎖”の物語であることが明らかになる。その動機は決してマグニフィセント(崇高)とは言えない。生き残るガンマンたちの人種はアイロニーに満ちているが。

  • 山縣みどり
    アクションヒーローものとしてはアリ、でもカタルシスが足らん
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『七人の侍』も『荒野の七人』も傑作なので、リメイクしなくてもいいのではと思うが、西部劇を現代風に焼き直して若い観客に見てもらえる意義は認めたい。フークワ組のデンゼルやイーサンはいい仕事しているし、ハリウッド俳優に負けないオーラを発するビョンホンも魅力たっぷり。ただしキャラ設定の変更と旧作にあった村人との交流はじめとする人間ドラマをカットしたので、7人の目的が“弱きを助け、強気をくじく”に見えないのが惜しい。期待していたカタルシスが得られない!? ただしガン・アクションや戦いぶりはすごく派手になっているので、アクションヒーローものとしては楽しめる。

  • くれい響
    温かい目で見るのがベスト!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どう作ったって、『荒野の七人』の足元に及ばないにしろ、そこは毎度何かしら爪痕を残すアントワーン・フークア監督。盟友デンゼル・ワシントンと、『トレーニング・デイ』好きはニンマリあり、クリス・プラットなどのキャラ押し、ドンパチ・メインという、どこかで『許されざる者』も頭の中にありながら、ターゲットを西部劇初心者に向けている。133分と、オリジナル+5分の尺も現代風だが、西部劇特有の空気感を醸し出すうえ、ある程度のキャラ説明にはしょうがないこと。オリジナルに思い入れがあるほど驚愕なオチなど、謎な部分もいくつか見られるが、遺作となったジェームズ・ホーナーのスコアが身に沁み、それどころではない。

  • 平沢 薫
    7人と監督、それぞれの個性と得意技が炸裂!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     なにしろ、主要登場人物が7人もいる。さらにそれを演じるのが、デンゼル・ワシントン、クリス・プラットら当世の人気俳優たち。そのそれぞれに魅力的かつ判別しやすい性格を与え、さらに各自にその個性と結びついた得意な武器を持たせる。そのうえで、アクションシーン中に、7人それぞれの個性を際立たせる見せ場を作る。それだけでも至難の技だが、本作はそれを目指してしっかり実現している。そして、クライマックスの銃撃戦の弾丸一つ一つの重さを感じさせる演出は、アントワン・フークワ監督の見せ場。
     映画全体を通して画面中の空がどんどん青さと広さを増していき、最後に「荒野の七人」の主題歌が鳴り響く。

予告編・動画

出演者二人が予告編について説明します!映画『マグニフィセント・セブン』特別映像
デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、 イーサン・ホーク、 イ・ビョンホンら出演!映画『マグニフィセント・セブン』予告編
デンゼル・ワシントンが語る!『マグニフィセント・セブン』インタビュー映像

» 『マグニフィセント・セブン』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『マグニフィセント・セブン』ポスター
    ポスター

キャスト

サム・チザム:
ジョシュ・ファラデー:
グッドナイト・ロビショー:
ジャック・ホーン:
ビリー・ロックス:
レッドハーベスト:
エマ・クレン:
バーソロミュー・ボーグ:
テディ・キュー:
マシュー・クレン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マグニフィセント・セブン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「マグニフィセント・セブン」 from ここなつ映画レビュー (2017年5月7日 14時0分)
    キャストと設定を変えて現代に蘇った「荒野の七人」である。いやー痺れた。エンディングであの曲がかかった時には椅子から落ちそうになる位感激した!デンゼル・ワシントンのガン捌き、超絶カッコいい!だが、美味しい所を全部持っていったのはクリス・プラットでしょう!と思っていたら、いやいや、究極美味しい所を全部持っていったのは、イーサン・ホークに他ならない。「グッドナイト・ロブショーを探せ」というセリフがデンゼル・ワシントンの口から出た時に、「グッドナイト」という名前が付いた男がイーサン・ホークでなかったらこのまま帰ろう ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マグニフィセント・セブン』 トランプを大統領にする国(その2) from 映画のブログ (2017年3月25日 1時0分)
    (前回「『沈黙‐サイレンス‐』 トランプを大統領にする国(その1)」から読む)  「もし神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか」  ――「ローマ人への手紙」8:31―― ■『マグニフィセント・セブン』と『荒野の七人』と『七人の侍』の関係  2016年10月、『七人の侍』の4Kデジタルリマスター版が公開された。改めて『七人の侍』を絶賛する声が上がり、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マグニフィセント・セブン」 from 元・副会長のCinema Days (2017年2月20日 6時37分)
    (原題:THE MAGNIFICENT SEVEN )楽しんで最後まで観ることができた。黒澤明監督の「七人の侍」(1954年)と、同作をハリウッドがリメイクした「荒野の七人」(60年)を原案に作られた西部劇。筋書きは事前にだいたい分かっているので、映画の出来は語り口と仕... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マグニフィセント・セブン/THE MAGNIFICENT SEVEN from 我想一個人映画美的女人blog (2017年2月11日 23時5分)
    黒澤明監督「七人の侍」('54)を基にしたジョン・スタージェス監督「荒野の七人」('60) どちらの魂も受け継ぎながらリメイク作品としたのは、 「トレーニング デイ」「イコライザー」「サウスポー」等、骨太な男たちのドラマを得意とする アントワーン・フークア監督。 1954年  1960年 西部劇は個人的には昔、苦手だったんだけど監督として大好きなタランティーノが いろいろ勧めてるのもあり、いくつか観... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マグニフィセント・セブン』評価と感想/ラスト30分がめちゃめちゃ面白い from eigamanzaiの映画レビュー (2017年2月11日 17時5分)
    黒澤明・ジョン・スタージェス両監督にありがとう ☆4.5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) マグニフィセント・セブンです。 これ映画館ではあまり予告編見た記憶が無くて、タイトルだけ聞いた時もクエンティン・タランティーノ作品かな?なんて思ってたんですが、完全に去年観た『ヘイトフル・エイト』のタイトルに引っ張られていたんだなと。 それで最近になって『荒野の七人』のリメイクと知ったんですけど、そりゃ面白いでしょうと思いましたし、監督が去年観たロッキーチックなボクシング映画『サウスポー』を無難&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『マグニフィセント・セブン』