シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
恋妻家宮本
(C) 2017『恋妻家宮本』製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年1月28日
(全国東宝系)
上映時間:
製作:
『恋妻家宮本』製作委員会
制作プロダクション:
ビデオプランニング
配給:
東宝
カラー

見どころ:テレビドラマ「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など数々の話題作を送り出してきた人気脚本家・遊川和彦の初監督作。作家・重松清の小説「ファミレス」を脚色し、子供が独立して二人きりになった夫婦が、家族の在り方を模索していくさまがコミカルに展開する。熟年離婚の危機に瀕した主人公には阿部寛、その妻をテレビドラマ「女王の教室」など遊川脚本作品に出演経験のある天海祐希が演じる。さまざまな家族の姿を描き続けてきた遊川が、どんな家族像や夫婦像を示すのか注目。

あらすじ:子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまう。ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平は激しく動揺するが、美代子に意図を聞き出すこともできず悶々とした日々を過ごす。混乱しながらも陽平は、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直し……。

恋妻家宮本
(C) 2017『恋妻家宮本』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『恋妻家宮本』ポスター
    ポスター
  • 映画『恋妻家宮本』チラシ
    チラシ
  • 映画『恋妻家宮本』チラシ
    チラシ
  • 映画『恋妻家宮本』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
原作: 重松清
音楽: 平井真美子
劇中歌: 吉田拓郎
プロデューサー: 福山亮一 / 三木和史
共同プロデューサー: 上田太地
撮影: 浜田毅
照明: 高屋齋
録音: 南徳昭
美術: 金勝浩一
装飾: 高畠一朗
編集: 村上雅樹
音響効果: 斎藤昌利
VFX: 小坂一順
衣装: 片柳利依子
ヘアメイク: 小泉尚子 / 原田ゆかり
スクリプター: 八木美智子
助監督: 菅原丈雄
製作担当: 今井尚道
ラインプロデューサー: 本島章雄

キャスト

宮本陽平:
宮本美代子:
五十嵐真珠:
門倉すみれ:
宮本陽平(大学生時代):
宮本美代子(大学生時代):
井上尚美:
五十嵐幸次:
井上礼子:
宮本正:
宮本優美:
井上克也:
菊地原明美:
井上エミ:
陽平の母:
陽平の父:
時森:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『恋妻家宮本』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『恋妻家宮本』評価と感想/電通に優しい言葉といわれてもなぁ from eigamanzaiの映画レビュー (2017年2月14日 12時48分)
    全体的に薄っぺらい内容でした ☆2点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 電通・東宝配給作品で重松清さん原作「ファミレス」の映画化です。 脚本家で有名な遊川和彦さんがなぜか初監督を務められた作品です。 この映画の予告編は去年の早い時期から結構映画館で目にしましたね。『ラ・ラ・ランド』に次ぐ勢いで目にした気がします。 原作は未読です。 重松さんの作品は映像化されている作品が非常に多い印象なんですが、ウィキペディア見たら小説自体、物凄い多いですね。どうやって書いてるんだろう?ってくらい非常に多&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 恋妻家宮本~恋妻⇔つま恋コンサート from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年1月28日 18時31分)
    公式サイト。重松清原作、遊川和彦監督、劇中歌:吉田拓郎。阿部寛、天海祐希、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子、入江甚儀、佐津川愛美 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『恋妻家宮本』