シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
この世界の片隅に
(C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年11月12日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
配給:
東京テアトル
アニメーション制作:
MAPPA
製作:
「この世界の片隅に」製作委員会
カラー

見どころ:「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。監督にテレビアニメ「BLACK LAGOON」シリーズや『マイマイ新子と千年の魔法』などの片渕須直、アニメーション制作にテレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPAが担当。市井の生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。

あらすじ:1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

この世界の片隅に
(C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    アニメだからこそ描ける戦時下日本の庶民の記憶
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     太平洋戦争末期、広島県の呉市に嫁いだ若い娘すずを主人公に、戦火の恐怖に晒されながらも明るく逞しく生きる庶民の日常が鮮やかに描かれる。
     遠い昔に失われた戦前の日本の風景。当時の日本映画や記録フィルムに慣れ親しんでいれば、本作がいかにきめ細かく丁寧に当時を再現しているか分かるだろう。ユーモアとペーソスに富んだ、素朴で柔らかな人間模様も胸にグッとくる。
     いや、現実はもっと暗く悲惨だったとの声もあるかもしれない。しかし、だからこそ本能的に平凡な毎日を保とう、ささやかな幸福を取り戻そうと努めるのが人間であり、これはそんな当時の人々の心象的記憶の再現だとも言えよう。それはアニメだからこそ可能なのだ。

  • 中山 治美
    耳に残るは”のん”の声
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    辛い過去と向き合ったはずなのに、なぜか心がほっこりしている。
    原作者も監督も、恐らくスタッフのほとんどが戦争を知らない世代。
    その彼らが戦火の恐怖も、家族で笑いあったひとときも、恋も!
    誰かの思い出を丁寧に取材をし、慈しむように今に蘇らせている。
    戦後70年の昨年。戦争の実感が湧かないと多くの若者が口にした。
    でもこうして記憶を受け継いでいく事は可能なのではないか?
    そんな希望すら抱かせてくれる。
    主人公すずさんに命を吹き込んだ”のん”の声がいい。
    おかげで筆者の脳内では、清らかでゆる~い広島弁と共にすずさんが住み着いてしまった。
    あなたの人生を思いながら、生きていきます。

  • くれい響
    それでも、生きていく。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どんな辛気臭い話かと思いきや、“人さらい”に“座敷童”と、とにかくツカミが巧い。日常系のオチを噛み締める余韻もなく、次のエピソードに入る展開は当初戸惑うかもしれないが、“それでも生きる”ヒロイン・すずの生命力を表わすように、どんどん突き進んでいく。まるで朝ドラの総集編を一気観する感覚にも近いが、すずとリアルに厳しい現実で戦う、のんとのシンクロ率も高く、結果的にあまロス処方薬にもなった嬉しい誤算! さらに、マスコミ試写で観られなかったエンドロール後の“もう一つのエピソード”で、まだまだ泣かせるとは! 『聲の形』と双璧をなす16年を代表する一本を放った片渕須直監督は、ポスト高畑勲となったといえる。

  • 清水 節
    今年の日本映画ベストワンは、のんが命を吹き込んだ珠玉のアニメ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これは戦争映画ではない。戦時下をいかに生きたかをアニメーションの力で再現してみせる、人間ドラマの傑作だ。精緻に描かれる戦前戦中の町や暮らしぶり。ヒロインの実存を信じさせるため、片渕須直監督は徹底したリアリズムを貫く。ごく日常的な動作を丹念に見せられることで、生きることへの愛おしさが募るから不思議だ。リアリズムの中に突如として空想が侵入する詩情が美しい。そしてヒロインの頭上にも爆弾は降り注ぐ。普通であり続けることの難しさ、尊さ。2016年現在の女優のん(本名・能年玲奈)自身の内面が、襲いかかる暴力の中を必死に生き延びるヒロインに重なり合う。のんを平成生まれの“自由と平和のアイコン”に推したい。

予告編・動画

映画『この世界の片隅に』予告編
斎藤工&板谷由夏がイチオシの11月下旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
のん、声優への思いを語る『この世界の片隅に』のん単独インタビュー

» 『この世界の片隅に』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『この世界の片隅に』ポスター
    ポスター
  • 映画『この世界の片隅に』チラシ
    チラシ
  • 映画『この世界の片隅に』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『この世界の片隅に』オリジナル葉書き3枚セット
    オリジナル葉書き3枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: こうの史代
企画: 丸山正雄
監督補・画面構成: 浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督: 松原秀典
美術監督: 林孝輔
音楽: コトリンゴ
プロデューサー: 真木太郎
監督・脚本:

キャスト

(声の出演)
北條すず:
北條周作:
黒村晴美:
黒村径子:
水原哲:
浦野すみ:
白木リン:
北條円太郎:
北條サン:
浦野十郎:
浦野キセノ:
森田イト:
小林の伯父:
小林の伯母:
知多さん:
刈谷さん:
堂本さん:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『この世界の片隅に』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『この世界の片隅に』評価と感想/原爆投下までの日常を淡々と描く良作 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年4月16日 18時2分)
    『あまちゃん』ののん(能年玲奈)さんが演じる意義 ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ この世界の片隅に映画『この世界の片隅に』の作品情報:「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。www.cinematoday.jp この世界の片隅に|映画情報のぴあ映画生活『この世界の片隅に』は2016年の映画。『この世界の片隅に』に対&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「この世界の片隅に」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2017年2月13日 1時25分)
    昨年11月、名古屋にいる時から見に行きたいと思っていたこの作品。やっと時間が合って見に行く事が出来ました。若干、過度な期待をしていたところはありますが、淡々と進むストーリーに見る側の肩の力が抜け、そしてじんわりと心に沁みてくる作品でした。  昭和の… ...[外部サイトの続きを読む]
  • この世界の片隅に (2016) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2017年1月12日 3時57分)
    すずが生きているとすれば現在約90歳。すずが体験した戦時中の庶民の暮らしを実際に経験した人は少なくなっている。そのころは日本中の人々が似たような暮らしをしていたのだろう。  広島のすずは戦争末期の昭和19年に呉に嫁ぐ。呉は地方都市といっても軍港だから敵が攻めてくれば真っ先に攻撃目標となる。昭和20年の8月に日本が降伏して戦争が終わった。すずはわずか1年半の間に様々な思いをすることになる。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「この世界の片隅に」 from 元・副会長のCinema Days (2016年12月23日 6時46分)
    とても感銘を受けた。原作が長いせいか食い足りない箇所も散見されるが、全体的に技巧面はもとより物語の求心力が高いレベルで発揮されており、観る者を圧倒する。今年度の国産アニメーション映画の収穫は、「君の名は。」のようなお子様向け番組では断じてなく、本作で... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『この世界の片隅に』 from よくばりアンテナ (2016年12月22日 23時35分)
    じわじわと染み渡るアニメ。 戦争中の話だけれど、当時の普通の生活を送る18歳で呉に嫁いだすずさんの日常。 その日常の生活に、空襲の激しさや大切なものをなくす悲しみがにじむ。 原作はコミック。 もっと暗めの悲しさが目立つ作品なのかと勝手に予想してたんだけど、 明るく笑いがいっぱいでした。 しょっぱなから自分が出会った人さらいのバケモノの話を絵を描いて妹に話して聞かせ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月7日の週の公開作品
  3. 『この世界の片隅に』