シネマトゥデイ

シネマトゥデイ



■注文方法

(1)バック・ナンバー御希望の方は冊数を入力の上、ページ下の【注文する】 ボタンを押して下さい。
※メールアドレスは必ず半角で入力してください。
(2)冊数と金額合計の確認画面が出ます。
(3)御注文が確認画面で正しければ、送り先、氏名を入力し、送信ボタンを押して下さい。
(4)御注文から2日以内に在庫を確認の上、メールで振り込み先の御連絡差し上げます。
(5) 当方で入金確認後発送いたします。 


●価格

【FLiX Special】   【発送料】  
[最新版]
キアヌ・リーヴス
1,680円
本誌 1冊まで 350円
キアヌ・リーヴス・スペシャル
1,500円
FLIX Special 500円
FLiX SFスペシャル 1,500円  [最新版]
キアヌ・リーヴス
300円
[最新版]
ジョニー・デップ
1,680円 [最新版]
ジョニー・デップ
300円
本誌
690円/780円/980円
2~4冊 500円
 
5~9冊 700円
 
10冊以上 あとでご連絡いたします

セキュリティ
当サイトはSSLという暗号通信システムを採用していますので、入力した個人情報を他人には見られないようになっています。


FLIX PLUS

2月号 2012 Vol.9

相葉雅紀
約2年半の月日をかけて日本列島に生きるいきものたちを追いかけた本格自然ドキュメンタリー映画『日本列島 いきものたちの物語』。そこには「いのちの輝き」が収められている。そんな彼らの代弁者として物語を読み説くナビゲーターを担う相葉雅紀。メインナビゲーターである彼の朗らかな温かい声で導かれると、優しい気持ちがより増幅したり現実の厳しさに痛んだ心が救われる。

GACKT 
『BUNRAKUブンラク』
松山ケンイチ 
「平清盛」
向井 理 
「ハングリー!」
松坂桃李 
『ドットハック セカイの向こうに』
成宮寛貴 
『逆転裁判』
大東駿介 
『逆転裁判』
コーリー・モンテース 
「glee/グリー」シーズン2

PLUS VOL.9

9月号 2011 Vol.7

櫻井 翔
『神様のカルテ』で主人公の青年医師を演じた櫻井 翔は、栗原一止として生きた時間の感情のうねり、それに伴う痛み、苦悩、さらには喜びを示唆する。

GACKT 
「テンペスト」
中村 蒼 
「花ざかりの君たちへ ~イケメン☆パラダイス~2011」
福士誠治 
『日輪の遺産』
風間俊介 
『コクリコ坂から』
加藤和樹 
『ヴァンパイア・ストーリーズ BROTHERS編/CHASERS編』
長谷川博己 
『セカンドバージン』
渡辺 謙 
『シャンハイ』

PLUS VOL.7

6月号 2011 Vol.6

向井 理
『パラダイス・キス』で向井 理が演じたファッションデザイナーの卵である小泉譲二は、彼が過去に演じてきた役柄の中でも、とりわけ“セクシーな”人物である。「自分をセクシーだと思ったこと? いや、全くないですよ、そんなこと!」と語る彼だが、カメラの前に立つ時は、常に自らの魅力を自覚し、ファインダー越しの読者に向けて放とうと尽力してきた。

松山ケンイチ 
『マイ・バック・ページ』
前田敦子 
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』
堤 真一 
『プリンセス トヨトミ』
西田敏行&玉山鉄二 
『星守る犬』
ジョン・ラセター 
『カーズ2』
ゲイリー・オールドマン 
『赤ずきん』
ジェイムズ・フランコ 
『127時間』

PLUS VOL.6

2月号 2011 Vol.5

二宮和也
「演じるキャラクターに共感はしないし、自分自身の感情は渡さない」とも断言する二宮和也。彼は常に同様のスタンスで役に取り組むのだそうだ。その方法で彼は観客に訴える演技を見せる。観客がいろいろと考えられるように「ざっくり役を作っているから、分かりやすいと思う」と語る彼が演じるキャラクターは、観客の心を映す鏡のようでもある。
松山ケンイチ
ハードな撮影話は割と耳にするが、松山ケンイチ自身がそれを認めることはあまりない。だが、『GANTZ』では「過酷ですよー。辛い思い出しかないですね、今は。昼夜逆転で撮影したのは1ヵ月ぐらい。単純に昼間にしっかり寝れば大丈夫って思いがちですけど、そうじゃないです」と本音をもらしてくれた。

ジェシー・アイゼンバーグ 
『ソーシャル・ネットワーク』
ベン・アフレック 
『ザ・タウン』
シャイア・ラブーフ 
『ウォール・ストリート』
大森南朋 
『犬とあなたの物語 いぬのえいが』
竹野内 豊 
『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』
菅野美穂 
『ジーン・ワルツ』
溝端淳平&大野いと 
『高校デビュー』

PLUS VOL.5

12月号 2010 Vol.4

木村拓哉
名作の主人公であり、未来を賭けて宇宙戦艦ヤマトに乗り込む戦士・古代 進に、木村は自らの視点で向き合った。自らは重みを感じながら、けれども重さを他に感じさせることなく、「宇宙戦艦ヤマト」を“今”に蘇らせる責任。古代 進を演じる責任。意識の高い現場に存在する責任。発信者としての責任を背負い、“物語”を語り聞かせてくれた。

堺 雅人 
『武士の家計簿』
中村 蒼 
『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYONIGHT』
ラッセル・クロウ 
『ロビン・フッド』
ケイト・ブランシェット 
『ロビン・フッド』
クリステン・スチュワート 
『エクリプス/トワイライト・サーガ』
クリスティーナ・アギレラ 
『バーレスク』
キーファー・サザーランド 
「24-TWENTY FOUR-」 ファイナル・シーズン

PLUS VOL.4
最新号バックナンバー

4月号 2011 No.210

生田斗真&吉高由里子
高校時代に出会った矢野と七美の何年にもわたる愛の軌跡を描いた『僕等がいた』。青春を共に駆け抜ける劇中の2人さながら、生田斗真と吉高由里子は撮影現場でも気の置けない同志関係を築いたようだ。

松山ケンイチ 
『僕達急行 A列車で行こう』
藤原竜也 
『おかえり、はやぶさ』
山本裕典 
映画『桜蘭高校ホスト部』
ジェレミー・アーヴァイン 
『戦火の馬』
スティーヴン・スピルバーグ監督 
『戦火の馬』
ニコラス・ウィンディング・レフン監督 
『ドライヴ』
ライアン・ゴズリング 
『ドライヴ』

2012年4月号

2月号 2011 No.209

瑛太&丸山隆平
『ワイルド7』の超法規的武装集団7人の距離感はいたってクールだが、演じる役者間のコミュニケーションはしっかり取れていたようだ。瑛太が「今朝会って、瞬間的に『丸ちゃんを持ち上げたい』と思って」と独特の愛情表現について突然語り出す。「持ち上げられました」と丸山隆平が認めると、瑛太は「丸ちゃんも、僕をちょっと持ち上げたんです。今じゃそれぐらいの動物的な仲になっています」と淡々とした調子で付け加える。

水谷 豊&及川光博 
「相棒 season10」
五十嵐隼士 
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』
福士蒼汰&渡部 秀 
『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』
古川雄輝 
『ロボジー』
田中麗奈 
『源氏物語 千年の謎』
西田征史 
「TIGER & BUNNY」
マシュー・グレイ・ギュブラー 
「クリミナル・マインド6 FBI行動分析課」

2012年2月号

12月号 2011 No.208

大野 智
『映画 怪物くん』でもキャラクター色の強い役を見事に演じきった大野 智。彼が芝居の場で見せる姿だけではなく、嵐としてステージに立ち、歌い踊る姿は“完璧”だ。そのパフォーマンスは観る者を魅了し、誰もが惜しみなく称賛するほどだ。

生田斗真 
『源氏物語 千年の謎』
山田孝之 
『指輪をはめたい』
岡田将生&榮倉奈々、松坂桃李 
『アントキノイノチ』
金子ノブアキ&賀来賢人 
『シャッフル』
妻夫木 聡&石井克人監督、安藤政信 
『スマグラー おまえの未来を運べ』
藤原竜也、吉高由里子 
『カイジ2 ~人生奪回ゲーム~』
ジョニー・デップ 
『ランゴ』

2011年12月号

10月号 2011 No.207

向井 理
『僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.』は向井 理の俳優人生の中でマイルストーン的な作品になるだろう。運命に導かれるように、カンボジアを舞台 にした映画の主演が決まった彼の行動とこの作品は、タイトルとは逆に“世界を変える”かもしれない。

松坂桃李 
『僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.』
市原隼人&戸田恵梨香 
『DOG×POLICE 純白の絆』
宮崎あおい&堺 雅人 
『ツレがうつになりまして。』
森山未來 
『モテキ』
長澤まさみ 
『モテキ』
ケヴィン・スペイシー 
『モンスター上司』
ロバート・パティンソン 
『リメンバー・ミー』

2011年10月号

8月号 2011 No.206

東山紀之
佇まいは紛れもなく“今の時代”をリードする東山紀之。『小川の辺』のために髷を結い、襟を正し裃を着ると、そこにはピンと一本筋が通った“侍”が姿を現す。

香取慎吾 
『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』
速水もこみち 
『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』
岡田准一 
『コクリコ坂から』
堺 雅人 
『日輪の遺産』
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』
ブラッド・ピット 
『ツリー・オブ・ライフ』
シャイア・ラブーフ 
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

2011年8月号

6月号 2011 No.205

二宮和也&松山ケンイチ
『GANTZ』のPART I、IIのために、6ヵ月間の撮影を共にした2人には確かな絆が築かれていた。お互いを尊敬し、それぞれの長所を理解し、見習いたい点も即座に答える様子が印象的だ。

村上信五&大倉忠義 
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦』
加藤和樹 
『ガクドリ』
中村蒼 
『ほしのふるまち』
五十嵐隼士 
『パラダイス・キス』
ジョニー・デップほか 
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
リーアム・ニーソン 
『アンノウン』
ナタリー・ポートマン 
『ブラック・スワン』

2011年6月号

4月号 2011 No.204

山下智久
『あしたのジョー』で役作りとして肉体改造に取り組んだ山下智久。曽利監督は「あそこまで体を作ってくるとは思わなかった」と主演俳優を称賛した。「がむしゃらに、“絶対に負けないぞ、諦めないぞ”という感じでジョーに取り組んでいました」と語る彼は、撮影の間中、自分自身との闘いを続けていた。

伊勢谷友介 
『あしたのジョー』
香川照之 
『あしたのジョー』
佐藤隆太&上地雄輔 
『漫才ギャング』
瑛太&松田龍平 
『まほろ駅前多田便利軒』
ジョニー・デップ 
『ツーリスト』
アンジェリーナ・ジョリー 
『ツーリスト』
コリン・ファース 
『英国王のスピーチ』

2011年4月号

2月号 2011 No.203

向井 理
今年、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、映画『BECK』『ハナミズキ』などで大忙しだった向井 理。ついに『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna built a school in Cambodia.』で映画初主演を果たす。その撮影現場で映画についてや来年の抱負を聞いた。

堀北真希&高良健吾 
『白夜行』
草なぎ剛&竹内結子 
『僕と妻の1778の物語』
成宮寛貴 
『ばかもの』
ユン・ゲサン 
『ロードナンバーワン』
マイク・マイヤーズ 
『シュレック フォーエバー』
イーサン・ルアン&マーク・チャオ 
『モンガに散る』
クリス・パイン 
『アンストッパブル』

2011年2月号

12月号 2010 No.202

水谷 豊&及川光博
進化し続ける「相棒」
『劇場版II』の公開まで約2ヵ月。まだまだ秘密のヴェールに包まれたままだが、出演者たちは“今言える精一杯の範囲内で”作品の魅力を語ってくれた。

益戸育江/川原和久/大谷亮介/山中崇史/山西 惇/六角精児/神保悟志/小西真奈美 
『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
堤 真一 
『SP 野望篇』
真木よう子 
『SP 野望篇』
AKIRA 
『半次郎』
ピーター・ホー 
「三国志」
ダニエル・ラドクリフ 
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』
エマ・ワトソン 
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』
ロバート・パティンソン
『エクリプス/トワイライト・サーガ』

2010年12月号

10月号 2010 No.201

二宮和也
野望、悲哀、嫉妬、策略、愛が渦巻く、美しき男の園となった大奥で、なおも武士道を追い求める青年を演じた二宮和也。“演じる”という行為の可能性と俳優・二宮和也が持つ無限の柔軟性を感じさせる。

大倉忠義 
『大奥』
玉木 宏 
『大奥』
新垣結衣& 生田斗真 
『ハナミズキ』
向井 理 
『ハナミズキ』
溝端淳平&五十嵐隼士 
『君が踊る、夏』
多部未華子&三浦春馬 
『君に届け』
ミラ・ジョヴォヴィッチ 
『バイオハザードIV アフターライフ』
ドリュー・バリモア
『遠距離恋愛 彼女の決断』

2010年10月号

8月号 2010 No.200

錦戸 亮
TVドラマ「ラスト・フレンズ」「流星の絆」「オルトロスの犬」に出演した錦戸 亮は『ちょんまげぷりん』で映画初出演・初主演を果たした。仕事に対する真摯な姿勢は変わらぬまま、明らかに余裕が出てきた彼は、現場を盛り上げるという主演スターの大切な役割を心得て実行している。

小出恵介 
『シュアリー・サムデイ』
豊川悦司 
『必死剣鳥刺し』
小野恵令奈 
『さんかく』
渡辺 謙&クリストファー・ノーラン監督 
『インセプション』
ブラッドリー・クーパー 
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
マイリー・サイラス
『ラスト・ソング』
ジャッキー・アール・ヘイリー&トーマス・デッカー
『エルム街の悪夢』
セシル・ド・フランス
『シスタースマイル ドミニクの歌』

2010年8月号

6月号 2010 No.199

ジョニー・デップ
『シザーハンズ』ではじめてティム・バートン監督と組んで以来、『アリス・イン・ワンダーランド』が7度目のコラボレーションとなったジョニー・デップ。「マッドハッター役をもらった上に、それを自分なりに料理することができるなんて……、夢が現実になったようなものだね」と大満足だ。

上野樹里&玉木 宏&瑛太 
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』
小出恵介 
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』
香取慎吾 
『座頭市 THE LAST』
向井 理 
「ゲゲゲの女房」
仲間由紀恵&阿部 寛 
『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
ベネチオ・デル・トロ
『ウルフマン』
マット・デイモン
『グリーン・ゾーン』
スカーレット・ヨハンソン
『アイアンマン2』

2010年6月号

4月号 2010 No.198

佐藤 健
2010年も「龍馬伝」「ブラッディ・マンデイ」『BECK』と大忙しの佐藤 健。多忙なスケジュールの合間を利用して三浦春馬とニューヨークへと旅立った。ドラマや映画では観ることが出来ない彼の姿を追ったDVD「HT ~N.Y.の中心で、鍋をつつく~」には彼の魅力が満載だ。

上野樹里 & 玉木 宏 
『のだめカンタビーレ 最終楽章 後編』
松山ケンイチ 
『誰かが私にキスをした~MEMOIRS OF A TEENAGE AMANESIAC~』
大森南朋 
『スイートリトルライズ』
高良健吾×桐谷健太×近藤洋一 
『ソラニン』
レオナルド・ディカプリオ 
『シャッター アイランド』
ユアン・マクレガー 
『ウディ・アレンの夢と犯罪』
ロバート・ダウニーJr. & ジュード・ロウ
『シャーロック・ホームズ』

2010年4月号

3月号 2010 No.197

生田斗真
初出演にして初主演となった映画『人間失格』で、生田が主人公の葉蔵の中に見出した滑稽なまでの生命力と、「人間失格」から読み取った、ある種の人間讃歌。それは映画俳優・生田斗真の誕生を祝う讃歌のようでもある。

城田 優
『交渉人 THE MOVIE』
堤 真一
『孤高のメス』
スパイク・ジョーンズ
『かいじゅうたちのいるところ』
マット・デイモン
『インビクタス/負けざる者たち』
ペネロペ・クルス
『抱擁のかけら』
テリー・ギリアム
『Dr.パルナサスの鏡』
ジェームズ・キャメロン
『アバター』

2010年3月号

2月号 2010 No.196

赤西仁
映画初主演作『BANDAGE バンデイジ』の撮影や演じた役について、決して熱く語るタイプではない赤西。最初のうちは思っていることをほとんど見せようとしないかに思えたが、短い言葉で自身の内面を伝えようとしている。

北乃きい 
『BANDAGE バンデイジ』
高良健吾 
『BANDAGE バンデイジ』
石黒英雄 
『彼岸島』
福山雅治 
「龍馬伝」
ジョニー・デップ 
『パブリック・エネミーズ』
サム・ワーシントン&ゾーイ・サルダナ 
『アバター』
チャン・ツィイー&ソ・ジソブ 
『ソフィーの復讐』
イ・ビョンホン 
『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』

2010年2月号

1月号 2010 No.195

上野樹里 & 玉木 宏
大人気ドラマの劇場版『のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編』に出演する2人。3年間演じた、それぞれの役柄についてや作品にかける熱い思いを語ってくれた。

谷原章介
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』
大森南朋
『笑う警官』
川村陽介
『ランディーズ』
ジョン・キューザック
『2012』
崎本大海
『ゼロの焦点』
森本慎太郎
『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』

2010年1月号

11月号 2009 No.193

眞木大輔
EXILEのパフォーマー、MAKIDAIと吉瀬美智子2人の芝居のみで構成されている『白夜』。リハーサルをほとんどしないライヴのような撮影で自然なパフォーマンスを見せる。

水谷豊
「相棒 season8」
上野樹里&玉木宏
『のだめカンタービレ 最終章 前編』
堺雅人
『クヒオ大佐』
生田斗真
『人間失格』
キャメロン・ディアス
『私の中のあなた』

2009年11月号

10月号 2009 No.192

松山ケンイチ
アクション時代劇『カムイ外伝』で、主人公を演じた松山ケンイチ。
納得できる最高の芝居ができたと自負する彼が、役作りやトレーニングについて語る。

藤木直人 
『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』
高岡蒼甫 
『ちゃんと伝える』
五十嵐隼士 
「任侠ヘルパー」
イ・ビョンホン 
『グッド・バッド・ウィアード』
チョン・ウソン 
『グッド・バッド・ウィアード』
ソン・ガンホ 
『グッド・バッド・ウィアード』
ジョシュ・ハートネット 
『30デイズ・ナイト』

2009年10月号

9月号 2009 No.191

AKIRA
EXILEのパフォーマー、AKIRAが、今年『山形スクリーム』と初主演作『ちゃんと伝える』という2本の映画で全く違う姿に変貌する。

ジョニー・デップ
『パブリック・エネミーズ』
イ・ビョンホン
『G.I.ジョー』
チャニング・テイタム&シエナ・ミラー
『G.I.ジョー』
ヒュー・ジャックマン
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
リチャード・ギア
『HACHI 約束の犬』

2009年9月号

8月号 2009 No.190

玉木 宏
『真夏のオリオン』で敗色の濃い不利な戦況にありながら、希望を捨てない潜 水艦の 艦長を演じた玉木 宏。本作の後にも対照的な作品『MW -ムウ-』が控えている。

シャイア・ラブーフ & ミーガン・フォックス 
『トランスフォーマー/リベ ンジ』
堺雅人 
『ラッシュライフ』
アナソフィア・ロブ 
『ウィッチマウンテン ─地図から消された山─』
ダニエル・ラドクリフ 
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

2009年8月号

7月号 2009 No.189

ニコガク野球部員
『ROOKIES -卒業-』のために再結集したニコガクのメンバーたちに直撃した。
佐藤隆太/市原隼人/小出恵介/城田優/中尾明慶/高岡蒼甫/桐谷健太/ 佐藤 健/五十嵐隼士/川村陽介/尾上寛之/山本裕典/石田卓也

チョン・ジヒョン 
『ラスト・ブラッド』
ケイト・ウィンスレット 
『愛を読むひと』
ロバート・ダウニーJr. & ジェイミー・フォックス 
『路上のソリスト』
ベン・アフレック 
『消されたヘッドライン』
アイラ・フィッシャー 
『お買いもの中毒な私!』

2009年7月号

6月号 2009 No.188

岡田准一
『東京タワー』以来のラヴストーリー『おと・な・り』に出演した岡田准一。作品について話を聞いた時、28歳。彼の本音が見えてきた。

トム・ハンクス
『天使と悪魔』
ユアン・マクレガー
『天使と悪魔』
アイェレット・ゾラー
『天使と悪魔』
クリス・パイン&ゾーイ・サルダナ
『スター・トレック』
J. J. エイブラムス
『スター・トレック』
DAIGO
『名探偵コナン 漆黒の追跡者』
江口洋介
『GOEMON』
上戸 彩
「婚カツ!」
ロバート・パティンソン
『トワイライト~初恋~』
ザック・エフロン
『セブンティーン・アゲイン』

【完売いたしました!】

5月号 2009 No.187

小栗旬
『クローズZEROII』でワルくてカッコいい男を演じている小栗旬。彼の魅力とは、女の子の王子様にも、男の子のヒーローにもなれるところだ。

山田孝之 
『クローズZEROII』
三浦春馬 
『クローズZEROII』
金子ノブアキ 
『クローズZEROII』
ロバート・パティンソン 
『トワイライト~初恋~』
テイラー・ロートナー 
『トワイライト~初恋~』
水嶋ヒロ 
『ドロップ』
塚本高史 
『釣りキチ三平』
リン・チーリン 
『レッドクリフ Part II』
パトリック・ウィルソン&ビリー・クラダップ 
『ウォッチメン』
ズーイー・デシャネル 
『イエスマン “Yes”は人生のパスワード』

【完売いたしました!】

4月号 2009 No.186

櫻井 翔
アーティスト、キャスター、俳優としてさまざまな活躍を見せる櫻井翔に話を聞いた。

南沢奈央 
『赤い糸』
岡田将生 
『ホノカアボーイ』
成宮寛貴 
『ドロップ』
ザック・エフロン 
『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』
ヴァネッサ・ハジェンズ 
『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』
アンジェリーナ・ジョリー 
『チェンジリング』
キアヌ・リーヴス 
『フェイクシティ ある男のルール』
ジェラルド・バトラー 
『ロックンローラ』
トム・クルーズ 
『ワルキューレ』
メリル・ストリープ 
『ダウト ─あるカトリック学校で─』
ジャスティン・チャットウィン & エミー・ロッサム 
『DRAGONBALL EVOLUTION』
ジム・キャリー 
『イエスマン “Yes”は人生のパスワード』
アダム・サンドラー 
『ベッドタイム・ストーリー』

2009年4月号

3月号 2009 No.185

妻夫木聡
新作『感染列島』で命の大切さを問いかける作品に出演した妻夫木。昨年は改めて自分というものを見つめ直すことができた年だったようだ。

ダニエル・クレイグ
『007/慰めの報酬』
ベニシオ・デル・トロ
『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』
ヒュー・ジャックマン
『オーストラリア』
ブラッド・ピット
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
サンドリーヌ・ボネール
『彼女の名はサビーヌ』
加瀬亮
「ありふれた奇跡」
坂口憲二
「本日も晴れ。異状なし」
豊川悦司
『20世紀少年<第2章>最後の希望』
蒼井優
DVD『百万円と苦虫女』

2009年3月号

2月号 2009 No.184

溝端淳平
テレビドラマと映画の新しいコラボレーションを生み出した「赤い糸」プロジェクト。ヒロインの運命の相手を演じた溝端。自分とまったく違うキャラクターを演じる難しさを率直に語る。

ヴィゴ・モーテンセン 
『アラトリステ』
金城武 
『K-20 怪人20面相・伝』
中河内雅貴 
『2STEPS!』
ライアン・ゴズリング 
『ラースと、その彼女』
ベニシオ・デル・トロ 
『チェ 28歳の革命』 『チェ 39歳 別れの手紙』
ナオミ・ワッツ 
『ファニーゲームU.S.A.』
キーファー・サザーランド 
『ミラーズ』

2009年2月号

1月号 2009 No.183

石田卓也
『GSワンダーランド』で王子様ルックで絶妙な歌唱力を披露した石田。 撮影現場の出来事や役柄、好きな映画などについて語る。

水嶋ヒロ
『GSワンダーランド』でドラム担当のシュンを演じた水嶋。演奏シーンや役作り、GS独特の衣裳などについて語る。

二宮和也 
「流星の絆」
錦戸亮 
「流星の絆」
三浦春馬 & 佐藤健 
「ブラッディ・マンデイ」
阿部寛 
『青い鳥』
田辺誠一 
『ハッピーフライト』
レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウ 
『ワールド・オブ・ライズ』
キアヌ・リーヴス 
『地球が静止する日』
ジュリアン・ムーア 
『ブラインドネス』
ガエル・ガルシア・ベルナル 
『ブラインドネス』
ベン・スティラー&ジャック・ブラック&ロバート・ダウニーJr. 
『トロピッ ク・サンダー』

2009年1月号

12月号 2008 No.182

小池徹平
『ホームレス中学生』で主役を演じた小池。実年齢より10歳も下の設定だが 無理に演じようとせず、あまり深く考え過ぎずに、田村裕という役に向き合った。

佐藤 健
『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』
ジェイムズ・マカヴォイ
『ウォンテッド』
ジェラルド・バトラー
『P.S.アイ ラヴ ユー』
金城 武
『レッドクリフPart 1』
ナタリー・ポートマン
『ブーリン家の姉妹』
スカーレット・ヨハンソン
『ブーリン家の姉妹』
エリック・バナ
『ブーリン家の姉妹』
ヒュー・ジャックマン&ユアン・マクレガー
『彼が二度愛したS』
ジョージ・クルーニー
『かけひきは、恋のはじまり』
リチャード・ギア
『最後の初恋』
デヴィッド・デュカヴニー
『X-ファイル:真実を求めて』
大沢たかお&林 遣都
『ラブファイト』
綾瀬はるか
『ICHI』

【完売いたしました!】

11月号 2008 No.181

福山雅治
『容疑者Xの献身』で、20年ぶりにスクリーンに戻ってきた福山雅治。当たり役を熱演した彼が、映画ならではの役作りについて語ってくれた。

ジェイムズ・マカヴォイ&トーマス・クレッチマン
『ウォンテッド』
松田翔太
『イキガミ』
トニー・レオン
『レッドクリフ』
ロバート・ダウニーJr.
『アイアンマン』
マシ・オカ
『ゲット スマート』
ジェラルド・バトラー
『P.S.アイ ラヴ ユー』
ダイアン・レイン
『最後の初恋』

【完売いたしました!】

9月号 2008 No.179

ペ・ヨンジュン
「太王四神記」のために来日したペ・ヨンジュン。当初、30分の予定だったインタビューは時間を大幅にオーバー。彼はくつろいだ雰囲気の中で多くを語ってくれた。

オダギリジョー&原田芳雄
『たみおのしあわせ』
ヴィック・チョウ
『闘茶 tea fight』
堺雅人
『ジャージの二人』
クリスチャン・ベール
『ダークナイト』
マーク・ウォルバーグ
『ハプニング』
エドワード・ノートン
『インクレディブル・ハルク』
エドワード・バーンズ
『ワン・ミス・コール』
アシュトン・カッチャー
『ベガスの恋に勝つルール』

2008年9月号

8月号 2008 No.178

松本潤
映画版『花より男子ファイナル』を誰よりも熟知していた松本がシリーズについてすべてを語った。

赤西仁
『スピード・レーサー』
藤原竜也
『カメレオン』
阿部寛
『歩いても 歩いても』
ベン・バーンズ
『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
ウィリアム・モーズリー&ジョージ・ヘンリー
『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
ラクラン・ブキャナン&カーク・ジェンキンス
『ブルー・ブルー・ブルー』
エレン・ペイジ
『JUNO/ジュノ』

【完売いたしました!】

7月号 2008 No.177

草なぎ剛
『山のあなた 徳市の恋』に主演した彼が、いい作品を作った自信、多くの観客に見てもらいたいということ、現場の様子についてヴィヴィッドに語ってくれた。 

大沢たかお
『築地魚河岸三代目』
市原隼人
『神様のパズル』
小出恵介
『僕の彼女はサイボーグ』
ジム・スタージェス
『ラスベガスをぶっつぶせ』
ジャック・ニコルソン
『最高の人生の見つけ方』
キャサリン・ハイグル
『幸せになるための27のドレス』
ヴィゴ・モーテンセン
『イースタン・プロミス』
ケイト・ハドソン
『フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石』
クライヴ・オーウェン
『シューテム・アップ』

2008年7月号

6月号 2008 No.176

堂本光一
『銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~』で映画単独初主演となる堂本光一。自らアクションをこなしたハードな撮影について語ってくれた。 

西島秀俊
『丘を越えて』
イーサン・ホーク
『痛いほどきみが好きなのに』
ハビエル・バルデム
『ノーカントリー』
ベン・バーンズ
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』
ジャック・ブラック
『カンフー・パンダ』
リジー・キャプラン&マイケル・スタール=デヴィッド
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
リチャード・ギア
『ハンティング・パーティ』
ニコラス・ケイジ
『NEXT-ネクスト-』

2008年6月号

5月号 2008 No.175

竹野内豊
『あの空をおぼえてる』に主演した竹野内豊。現代の等身大の父親像を演じて、新たなる魅力を見せた彼が、撮影の裏話や演技への取り組み方について語った。 

パトリックデンプシー
『魔法にかけられて』
ケイブ・ネヴァンス
『パラノイドパーク』
ジョン・キューザック
『さよなら。いつかわかること』

2008年5月号


4月号 2008 No.174

山下智久
初めての映画主演作『映画 クロサギ』で、役者としての引き出しの数の多さや無限大の可能性をうかがわせた彼が、撮影秘話を語る。 

パトリック・デンプシー
『魔法にかけられて』
ハビエル・バルデム
『ノーカントリー』
オドレイ・トトゥ
『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』
ヘイデン・クリステンセン
『ジャンパー』
竹野内豊
『あの空をおぼえてる』

2008年4月号


3月号 2008 No.173

ジョニー・デップ
最新作『スウィーニー・トッド』で本格的に歌声を披露したデップ。歌を録音するまでの経緯やキャラクターについて語る。 

ディエゴ・ルナ
『ミスター・ロンリー』
デンゼル・ワシンントン
『アメリカン・ギャングスター』
ナタリー・ポートマン
『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』
ワン・リーホン
『ラスト、コーション』
ケイト・ブランシェット
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『アイム・ノット・ゼア』
ジョン・トラヴォルタ
『団塊ボーイズ』
三浦春馬
『奈緒子』
ニコラス・ケイジ
『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』

2008年3月号


8月号 2007 No.166

『ワールド・エンド』を楽しむ!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の撮影裏話、やキャスト陣のインタビューを紹介。
「華麗なるジャックの“名言集”」や「スパロウのルーツはここにあり!」など徹底紹介。

ブルース・ウィリス 
『ダイ・ハード4.0』
キャメロン・ディアス
『シュレック3』
エリック・バナ 
『ラッキー・ユー』
レイチェル・テイラー
『トランスフォーマー』

2007年8月号


7月号 2007 No.165

『ワールド・エンド』大特集
全世界が待ち望む『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作がついに公開。
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイのインタビューが満載。

ジェラルド・バトラー&ロドリゴ・サントロ
『300』
トファー・グレイス
『スパイダーマン3』
ベン・アフレック 
『ハリウッドランド』
ロバート・ダウニーJr.
『ゾディアック』

2007年7月号


3月号 2007 No.161

2007年、注目は、この人!
ジョニー・デップ、ヒース・レジャー、ニコール・キッドマンら2007年に注目すべき俳優たちの公開作を徹底紹介!

アシュトン・カッチャー&ケヴィン・コスナー 
『守護神』
レオナルド・ディカプリオ
『ディパーテッド』
キルスティン・ダンスト 
『マリー・アントワネット』
ウマ・サーマン
『Gガール 破壊的な彼女』

完売しました!


1月号 2007 No.159

セレブなパパはカッコイイ!
スクリーンでは無敵のヒーローを演じ、美女と浮き名を流すスーパースターが、
我が子の前ではただのパパに! でも、子どもたちと公演で遊んだり、手をつないで街を歩いたりしている姿は、リラックスして幸せそうで、やっぱりカッコイイのだ。

オーランド・ブルーム 
『ヘイヴン~堕ちた天使~』
ウィノナ・ライダー
『スキャナー・ダークリー』
クライヴ・オーウェン 
『トゥモロー・ワールド』
エド・スペリーアス
『エラゴン 遺志を継ぐ者』
二宮和也
『硫黄島からの手紙』

2007年1月号
 フリックス コレクション クロニクル・オブ・ジョニー・デップ 絶賛発売中!

・総ページ数 64頁(オールカラー)

・1980年から2004年9月までのジョニー・デップの姿を写真で紹介


・最新作『シークレット・ウインドウ』を場面写真と共に紹介

・税込1,470円

 

amazonから購入すれば送料無料です。着払いもOK!
↓注文の方はここをクリック
クロニクル・ オブ・ジョニー・デップ
【直販(郵便振り込み)】
こちらで申し込まれる場合入金確認に多少お時間がかかりますことをご了承ください

フリックス コレクションクロニクル・オブ・ジョニー・デップ-
 イライジャ・ウッド FLiX SPECIAL 絶賛発売中!
FLiX Special Elijah Wood
¥1,680(税込)
イライジャのすべてがわかる
■イライジャをもっと知るためのキーワード
生い立ち、好きなもの、交友録、発言集などを紹介

プライヴェート、演技、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズについてを語る

インタビュー&レビュー「ロード・オブ・ザ・リング」
『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』、 『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

コラム

●イライジャの素顔
●今後の出演作
●共演者が語るイライジャ
●監督が語るイライジャ
●子役時代のイライジャ

amazonから購入すれば送料無料です。着払いもOK!
→注文の方はここをクリック
【直販(郵便振り込み)】
こちらで申し込まれる場合入金確認に多少お時間がかかりますことをご了承ください

イライジャ・ウッド-FLiX SPECIAL-
 トム・クルーズ SPECIAL 絶賛発売中!

FLiX Special Tom Cruise
¥1,680(税込)
予約受け付中!
トム・クルーズのすべてがわかる

プライベートライフ
●苦境を乗り越え、トップスターに
●が愛した4人の女優たち
●トムを知るための9つのキーワード
●トムをめぐる15のトリビア
ニュー・フィルムズ
●『ラスト サムライ』
●今後の出演作
コラム
●共演者が語るトム
●監督が語るトム
●『栄光の彼方に』まで
●『マグノリア』
●『アイズ ワイド シャット』

amazonから購入すれば送料無料です。着払いもOK!
→注文の方はここをクリック

こちらで申し込まれる場合入金確認に多少お時間がかかりますことをご了承ください
トム・クルーズ-FLiX SPECIAL-
 【完売いたしました!】

FLiX Special Johnny Depp
¥1,680(税込)

ジョニー・デップのすべてがわかる

『パイレーツ・オブ・カリビアン』特集
8月2日に公開される、この話題作を最新インタヴューと共に紹介

◇過去作品に関するインタヴュー
◇プライヴェートに関するインタヴュー
◇デップの生い立ちと家族
◇デップの恋人
◇デップをもっと知るためのA-Z

amazonから購入すれば送料無料です。着払いもOK!
FLIX special ジョニー・デップFlix specialをamazonで申し込む→ここをクリック
完売いたしました!
大好評につき増刷決定!
FLiX Special KEANU REEVES
¥1,680(税込)
キアヌのすべてがわかる
●『マトリックス リローデッド』最新インタビュー
●キアヌの生い立ちと家族
●ファッション、髪型、バンド活動、好きなスポーツ、バイク、行きつけの店、キアヌが好きなアイテムをプライヴェート写真と共に紹介
●キアヌ発言集
●パーソナル・データ
●キアヌをとりあげる海外雑誌
●キアヌ全出演作を徹底紹介
●スペシャル・プレゼント
●デビュー作から全出演作38本を網羅
などなど…この1冊でキアヌの全てがわかります。
amazonから購入すれば送料無料です。着払いもOK!
FLIX special キアヌ・リーブスブspecialをamazonで申し込む→ここをクリック
キアヌ・リーヴス-FLiX SPECIAL-
ジョニー・デップ-FLiX SPECIAL 2-

インタビュー&レビュー
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
ジョニー・デップ
オーランド・ブルーム 
キーラ・ナイトレイ
作品紹介
プレミア・フォト

プライベート ライフ
パーソナル・インタヴュー
家族、友達について
ジョニーが愛するモノ
これぞ、ジョニー・スタイル!
ジョニーに関するあれこれ
ジョニー事件簿

パーソナル・データ
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』
『シークレット・ウインドウ』
『ネバーランド』
『チャーリーとチョコレート工場』
『ティム・バートンのコープス ブライド』
『リバティーン』
あなたの好きなジョニー キャラクター★ランキング
Filmography 過去の出演作一覧

・税込1,680円

【直販(郵便振り込み)】
こちらで申し込まれる場合入金確認に多少お時間がかかりますことをご了承ください

ジョニー・デップ-FLiX SPECIAL 2-

[PR]
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク