『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』宮川大輔&吉岡里帆 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』宮川大輔&吉岡里帆 単独インタビュー
本音の感想が聞こえてくる!上映後のトイレが一番恐怖

取材・文:高山亜紀 写真:高野広美

昨年、20周年の節目を迎え、新たなスタートを切った劇場版名探偵コナンシリーズ。記念すべき21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の舞台は大阪・京都で、ゲスト声優には宮川大輔吉岡里帆を迎えた。彼らが演じるのは殺人現場に現れるかるた名人・関根康史と和葉が所属するかるた部の部長・枚元未来子。意外にもアニメ声優初挑戦という二人が初めてならではの戸惑いや苦労、発見など、独自の視点でユニークなトークを展開した。

[PR]

自分のために描かれたキャラクターに感激

宮川大輔&吉岡里帆

Q:アニメ声優は初挑戦だそうですね。とても意外です。なにか理由があったのでしょうか?

宮川大輔(以下、宮川):理由はないですが、強いて言えばオファーがなかった(笑)。やっぱり、出演している番組の印象からか、関西弁というイメージが強いのかもしれません。だから今回は二十何年もの間ずっと、この仕事をしてきた僕にとっても、初めての仕事。しかも、出演するのがコナンと聞いて、最初はすごくうれしかったんです。でも、そのうちに「僕でいいんかな?」という気持ちになってきた。というのは、僕は関根康史という役をいただいたんですけど、画(え)を見た時に「これ、全然ちゃうやん」と思って、ちょっと焦ったんです。もうちょっと「クッキングパパ」みたいにアゴがしゃくれているヤツだったら、まだいけるんでしょうけど(笑)。とはいっても、初めてでこんな大きい仕事、いい役をやらせていただいて、光栄です。うれしかったです。

吉岡里帆(以下、吉岡):わたしも本当に初めてです。役者が声優業をやるとなると、ハンデが大きいというか、顔を出してお芝居をしている分、どうしてもアニメーションだけで楽しみたいお客様に顔がちらつくことが、すごく邪魔になるんだろうなって、気になりました。わたしもお客さんとしてアニメを観に行く時、声優さんの神秘性も魅力の一つだと思っていましたから。今回はまずそこを乗り越えなきゃならない。とはいえ、子供の時から観ている作品が、自分のためにキャラクターを与えてくださったことがすごくうれしくて……アニメーションのラフ画を見せてもらった時は心の底から感激しました。

灰原哀役・林原めぐみのアドバイスがヒントに

宮川大輔&吉岡里帆

Q:ゲスト声優とは思えない重要な役どころで、セリフもたくさんありますよね。お二人は台本を見てどのように思われましたか?

宮川:本当に初めてだったので、まず、舞台、映画やドラマとは違う台本の表記の仕方に驚きました。「これはどうやって読むのだろう」とその辺りから始めました。声優の経験のある先輩に相談して、教えていただいて読んでいくうちに、「こんなにセリフがあるんや」と気づいたんです。もっと、少ないかと思っていた。もちろん、「ワ~」とか言っているだけのような役だったら、「俺じゃなくてええやん」って思ってしまうから悲しいですけどね(笑)。今回はキーパーソンで、コナン、平次、小五郎の3人に詰め寄られる。不安とうれしさの入り交じったドキドキは、これまでにない感じでした。

吉岡:わたしは台本と一緒にほかのキャストの皆様がアフレコを終えた後のDVDも一緒にいただいて、それで練習をしたんですが、そのDVDがすごく面白くて。ほとんどアニメーションが完成してない、口元が動いてないどころか、鉛筆で描いたような静止画が映し出されていくような映像の状態で声を入れられているんです。そこでまず、「この状態でここまで臨場感のある声を入れられるんだ」っていう声優さんに対してのリスペクトや感動がありました。台本はト書きが多いのが印象的でしたね。普通の台本だとそこまで書いていないことが多いんですけど、ここまで細かい指示があって初めて、アニメの表情がつけられていくのかと興味深かったです。

Q:これは大変なことになりそうだぞと思いましたか(笑)。

吉岡:もちろん、大変な作業でした(笑)。実際に声を入れる前、わたしのやっているラジオ番組に灰原哀ちゃん役の林原めぐみさんがゲストで来てくださったんです。レジェンドみたいな声優さんなので、話も面白くて。「今回、ご一緒させていただくんですけど、わたしは素人なので、どうすればいいですか」と聞いてみたら、「初めてだったら、技術だとか、違う子になろうとか、そういうことは考えなくていい」「“なぜ、製作者側が宮川さんと里帆ちゃんを呼んだのか”を考えれば、自分の声を使ってもわたしはいいと思う」って言ってくださったんです。「気持ちがあるかどうかの方が大事。技術なんかより、そのキャラクターに思いを馳せること」。そうお聞きして、いいヒントをいただけたなと。そこを意識して、臨みました。

上映後のトイレが一番、怖い!?

宮川大輔&吉岡里帆

Q:お二人とも関西出身ですが、声優として関西弁を話すのはやりやすいですか。難しいですか。

吉岡:台本を読んだり、皆さんの声を聞いていて思ったのは、普段、わたしたちが聞いている関西弁とはまた違う関西弁だなということ。より抑揚が付いた、どの都道府県の方が聞いても、関西弁だとわかる関西弁というのでしょうか。それこそ、キャラクターにふさわしい関西弁のトーンがあるなって思ったんです。この新キャラクターの大岡紅葉さんなんて、花街で使われているような、舞妓さん言葉のテンションといいますか、すごく上がり下がりのしっかりした関西弁。服部くんだったら、ちょっと乱暴者というかやんちゃな関西弁。関西弁にも何種類もあるなって、今回あらためて感じました。

Q:では最後になりますが、出来上がった作品を誰とどう観たいか、教えてください。

吉岡:う~ん、そもそもがこれ、観に行くの、怖いんですよね(苦笑)。

宮川:僕も正直、怖い! 特に上映後、トイレに行くのが怖いですね。トイレって結構、みんな感想とか言うから、「関根康史役の宮川大輔さ……」とか聞こえてきたらと思うと、ぞっとしますよ(笑)。これだけ大勢のファンがいる作品で、どう言われるのか。でも一つ、楽しみなことがあります。今度中学に入る甥っ子が、ずっと昔からコナンが好きなんです。うちの息子も6歳になって、やっとコナンが理解できるようになって、いまハマっています。二人にはまだ、僕がこの仕事をしていることを知らせていないので、ずっと内緒にしておいて、一緒に観に行った時にどういうリアクションをするのか、それを見てみたいですね。

吉岡:仕事をするようになって、ドラマや映画の芝居を応援してくれている人はもちろん、いるんですけど、今回、「コナンに出る」ってことになったらもう、メッセージをくれた子の数がすごくって……高校時代の塾の先生からも連絡が来て!「吉岡、コナンに出るらしいじゃないか。必ず観に行くぞ」って(笑)。

宮川:それ、すごいなぁ。でも、わかる、わかる! それだけ、すごいことなんですよね。

吉岡:コナンがすごくて、そしてコナンに出ることがすごくて……。それだけ影響力がある、大きい仕事なんだなっていうのは友だちや先輩からも感じています。どちらかというと、誰かと観に行くというより、ファンである友だちがいざ観に行った時に、身内であるその子たちがちゃんと、わたしが演じた未来子をコナンの仲間として受け入れてくれるのか、そこら辺が気になります。だから、隣に友だちがいるところで観るなんて無理、怖いです。行くとしたら絶対に一人でこっそり、観に行きます(笑)。


宮川大輔&吉岡里帆

関西出身で波長が合うのか、二人の話の運びが実にスムーズ。いつの間にか、コンビのテンポになっていた。子供の頃から大好きだったというコナンに出られる幸せをしっかりとかみしめ、とめどないコナン愛があふれ出る吉岡里帆。一方、宮川大輔は彼女の話を「うんうん」と聞いて、絶妙な相槌を打ち、終始、ジェントルマンな姿勢。この二人だから、あのキャラクターなのか。実際の二人に触れ、作品への理解がより深まった。

(C) 2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は4月15日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]