シネマトゥデイ

『虹色デイズ』中川大志 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『虹色デイズ』中川大志 単独インタビュー

動物的なキスシーンにしたかった

取材・文:坂田正樹 写真:奥山智明

「男子の本音がわかる」少女漫画として、ベストセラーを記録している水野美波の代表作を実写映画化した青春ドラマ『虹色デイズ』。いつも行動を共にする男子高校生4人組の恋と友情にスポットを当てた本作で、中川大志が新たな魅力を爆発させている。佐野玲於(なっちゃん)、高杉真宙(つよぽん)、横浜流星(恵ちゃん)と若手人気俳優が勢ぞろいする中、チャラいけれど友だち思いのまっつんを熱演した中川が、自身の役づくりや4人の関係性、さらには“動物的”と自己評価したキスシーンなど、本作の舞台裏を振り返った。

[PR]

夢を壊さずリアルな男子の日常を描く難しさ

中川大志

Q:普段、少女漫画を目にすることはなかなかないと思いますが、原作を読んだ感想を聞かせてください。

まず、少女漫画なのに男子高校生4人の日常がメインで描かれている、というところが意外というか、すごく新鮮でした。男子ならではのシュールな掛け合いも面白いなと思いました。

Q:実写映画化する上で、「ここは違う」とか「ここはもっとリアルに」とか、気にかけた点はありましたか?

男子高校生が4人集まったら、けっこう(会話や行動の部分で)映画にできないところも出てくると思ったので、リアルな部分をどれくらい入れ込むか、そこのバランスは気になりましたね。原作が少女漫画ですし、女性のお客さんもたくさん観にいらっしゃる映画だと思うので。ただ、完全に嘘くさいファンタジーになっちゃうのも嫌なので、高校生特有のちょっと男臭い雰囲気も残しつつ、それでいて、きれいに、ロマンチックに“魅せて”いくところが難しいと思いました。リアルな男子高校生の生々しい日常をゼロにしないで実写化する……飯塚(健)監督も、そこは相当苦心されていたと思います。

Q:それにしても、子役だった中川さんが、気が付けば恋に友情に奮闘するイケメン俳優に。感慨深いものがありました。

いやいや、そんな(笑)。もともと大人っぽく見られていたので、気付いたら、青春ものとか、恋愛ものとか、やらせていただく年になっていて。僕自身もあまり境目を感じないで今日まで来た感じがします。

表現したかったキャラクターの魅力

中川大志

Q:今回、チャラ男のまっつんを演じていますが、役づくりはどのように行いましたか?

あの4人の中では、みんなを引っ張っていくようなポジションでもありますよね。学校の中ではすごく人気者で、男女問わずに友だちが多い親分肌のキャラクター。チャラチャラしているように見えますが、実は情に厚く、ほかの3人のことを誰よりも大好きで、誰よりも考えている。そんな風にまっつんを捉えて演じました。

Q:男の友情はもとより、恋にも目覚めますね。

まっつんはモテモテなので、今までいろんな子と付き合ってきたけれど、マジになることがほとんどなかったと思うんです。ところが、まり(演・恒松祐里)と出会って、初めて本気になるんです。そこからまっつんがどんどん変わっていく姿がいいんですよ。あの人気者のまっつんが、自分からまりを追いかけていく……。でも、そこがどんどんかっこよく見えてくるというか、「まっつんにも、こんなピュアな部分があったんだ」っていうところをきちんと表現できたらいいなと思いました。

本能的なキスシーン!

中川大志

Q:まりとの絡みで、印象に残っているセリフ、またはシーンはありますか?

まりって、なかなかの“こじらせ女子”なんですよね。そんな彼女に手を焼いていたまっつんが、「そろそろお前のこと、教えてくれよ」みたいに詰め寄るシーンがあるのですが、「あんたに関係ないでしょ!」と拒否される。するとまっつんが、「いや、お前になくても俺にはあるんだよ!」って言い放つ、あのセリフがもう大好きで。すごく印象に残っていますね。

Q:大胆なキスシーンもありましたよね?

キスシーンはけっこうこだわりました。できるだけ動物的にというか、勢いでというか、きれいな感じよりも、「本能でいっちゃった」みたいなキスシーンにしたかったんです。まり役の恒松さんのお芝居を見ていて、自然とそういう気持ちになりました。自分をコントロールできていない感じが、まっつんらしくていいんじゃないかと。

4人の歴史を考えながらつくった関係性

中川大志

Q:仲良し4人組が、演技を超えて本当の親友のように見えました。あの関係性や世界観はどのようにつくっていったのですか?

クランクインする半年くらい前に、初めて本読みをして、そこから何度もリハーサルを重ねていったのですが、そのときに、けっこうみんなで話し合いましたね。4人が同じ関係性では不自然なので、例えば、誰と誰は小学校から一緒で、誰と誰は高校で出会ってとか。1年のときのクラスはこうで、それぞれどんな時間を過ごしてきたのか……などなど。「4人の仲良し男子グループです」って言っちゃえば、それまでですが、どういう経緯で4人がここに集結したのか、背景まできっちり考えた方がリアルだと思いました。

Q:その経緯が物語に影響を与えているシーンもあるのですか?

例えば、まっつんと恵ちゃん(横浜)が歩道橋で夕陽を見ながら、「女の子、紹介してよ」と言うようなシーンがあるのですが、ああいうところは、4人でいるときとは違う、2人の関係性によって生み出される空気感があって、それは、これまでどんな風に関わってきたかによって絶対に変わってくると思うんです。

Q:なるほど、そこも注目ポイントですね。

あとは、部活やクラスなど、コミュニティーによっても立ち位置が変わるというか。そういうリアルな空気感が出せればいいなって思いながら、みんなでつくり上げていきました。

Q:撮影以外でも仲良くなれましたか?

撮影以外の時間でも、密な関係性をつくっていこうとみんなで話し合っていたので、自然と仲良くなりました。映像にもきっと、それが反映されていると思います。


中川大志

6月に20歳を迎えた中川。つい先日まで子役だったはずなのに、いつの間に恋や友情について楽しそうに語る青年に成長したのだろう。通常は、幼い日の面影を引きずりながら大人の俳優へと脱皮するものだが、まっつんを演じた中川は、まるで緩やかなグラデーションのように成長を遂げ、スクリーンの中で生き生きと青春を謳歌する。子役からイケメン俳優へ、そして気付けば、日本を代表する名優に……なんて妄想も、中川に関してはまんざら夢ではなさそうだが、まずは、旬を迎えた中川の躍動する姿を心に焼き付けておきたい。

映画『虹色デイズ』は7月6日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]