『ビブリア古書堂の事件手帖』野村周平 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ビブリア古書堂の事件手帖』野村周平 単独インタビュー

その場をしっかり楽しむことが大事

取材・文:磯部正和 写真:高野広美

シリーズ累計680万部を突破した三上延のベストセラー小説を『しあわせのパン』などの三島有紀子監督がメガホンを取って映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』。物語をナビゲートする役柄をになう青年・五浦大輔を演じたのが若手注目俳優・野村周平だ。『ちはやふる』シリーズ、『純平、考え直せ』など出演作が続く彼が撮影現場で心掛けていることや、本作出演の意味などを語った。

[PR]

三島有紀子監督とたくさん話して作りあげた「大輔」

野村周平

Q:ドラマ、アニメと過去にメディアミックスされた知名度の高い作品ですが、野村さんが演じた五浦大輔にはどんな印象をもたれましたか?

この映画の情報が出たとき「大輔はもっとムキムキだよ」という意見があったんです。確かに小説の表紙などではゴリゴリのマッチョなのですが、この映画においては、その設定は必要ないだろうし、僕みたいなルックスの方がリアリティーがあるのかなって思いました。

Q:「大輔はムキムキ」という声は気にならなかったですか?

気にしませんでした。話をいただいたとき、プロデューサーさんや監督から「体を鍛えてください」とかも言われていないです。題材が本ですし、重量挙げするわけじゃないですからね(笑)。

Q:三島有紀子監督は俳優としっかり会話をしながら演出されると聞きました。

もともと僕は現場で結構しゃべるタイプなので、監督ともたくさん話はしました。大輔の内面的な部分は僕に任せてくださった印象があります。どちらかというと見え方でいろいろと演出をされた感じです。

Q:大輔の内面的な部分で一番核としたのはどこですか?

(黒木華演じる)栞子さんへの気持ちですね。あとは大輔は真面目でしっかり話ができるタイプではないので、ちょっと抜けた感じというか、可愛らしさは意識しました。三島監督からはずっと「可愛い大輔でいてほしい」と言われていたので、そこは大切にしていました。

Q:可愛いというのは?

あざとい可愛らしさではなく、憎めない感じですかね。普通にやっているのに、なんとなく可愛い……みたいな。三島監督が素敵に撮ってくださったと思います。しっかりと可愛らしい大輔になっています。

主演だからといって座長感を出すのは嫌い!

野村周平

Q:別の作品で共演した人も野村さんは可愛らしいと話していました。愛されキャラなんですね。

みんなを楽しませようとか、盛り上げようとか意識しているわけではないです。ただ取りつくろってもしょうがないし、最低限のルールは守りつつも、あまりかしこまらず、普通にしているだけです。

Q:今回は黒木さんとダブル主演ですが、主演として撮影現場を盛り上げようと意識しているわけではない?

主役だからって座長感を出すのは嫌ですし「リーダーシップを発揮して」みたいなのは好きではないですね。ついて行きたいと思えばついてきてくれればいいですが、無理やりやっても意味がないですから。

Q:黒木さんは初共演でしたが、お芝居をしてみていかがでしたか?

素晴らしい方です。そこに栞子さんがいるみたいな感じで、しっかりとこの世界に生きているんだなと感じられました。演技はもちろんですが、僕のノリにもついてきてくれる。しっかりコミュニケーションを取ってくださる方でした。

野村周平の流儀は「撮影現場を楽しむこと」

野村周平

Q:お芝居をするうえで意識していることはありますか?

その場を楽しむことですね。現場に嫌いな人がいると嫌な芝居になってしまうので、しっかり楽しんで、撮影現場を好きでいるように心掛けます。楽しくないと行きたくなくなってしまうじゃないですか。いい芝居もできないだろうし……。

Q:エキセントリックな役柄から、本作のような正統派まで幅広いキャラクターを演じていますが、仕事のバランスなどは意識されますか?

あまり考えていません。仕事のお話をいただけるだけでありがたいです。「こういう役をやりたい!」って言ったところで、すぐに話が来るわけじゃないですからね。(バランスなどは)事務所がしっかり考えてくれていると思います。そこは信用しています。

単純に格好いいという作品に出たい!

野村周平

Q:野村さんは『ライチ☆光クラブ』や『帝一の國』『ちはやふる』シリーズなど、同世代の俳優さんたちとの共演作も多いですが、その人たちの動向は気になりますか?

あまり気になりませんね。テレビをつけて「(広瀬)すず出てるじゃん!」みたいなことはありますが、ライバル意識とかは持っていません。「みんな頑張ってるな!」という感じです。例えば「I.W.G.P.」(ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」)や『凶気の桜』をリメイクしますみたいな話になったとき、大好きな作品なので、自分じゃない俳優がキャスティングされていたら悔しい気持ちになることもあるかと思いますが、そういうことでなければ素直に活躍は「すごいな」って思えます。

Q:「I.W.G.P.」や『凶気の桜』は野村さんにとって刺激的な作品でしたか?

窪塚洋介さんや長瀬智也さんってすごく格好いいじゃないですか。テーマとかストーリーとか関係なく「ただただ格好いい」と思える作品でした。

Q:そういう作品に出会いたい?

そうですね。でも、なかなかいまはエッジの効いた作品をやるのは難しいと思います。

Q:今回の役柄とはまったく違いますね。

こういう作品もやりがいがあります。世の中すべてが「I.W.G.P.」みたいになってしまったら、それはそれで悲しい世界ですよね。『世界の中心で、愛をさけぶ』みたいなものもやってみたい。窪塚さんだって「I.W.G.P.」のときのような役ばっかりじゃない。作品ごとにまったく違った顔をみせるじゃないですか。その意味で、五浦大輔のようなキャラクターも大切です。

Q:この作品では野村さんの違った魅力がみられますね。

この映画に出演している成田凌くんっているじゃないですか。彼はイケメンで僕より全然格好いいと思っています(笑)。でも、この作品に限っては俺も負けないくらいかわいいです。三島監督が素敵に撮ってくださいました(笑)。


野村周平

野村と撮影現場を共にした俳優たちは、無邪気さと可愛らしさを彼の特徴として挙げることが多い。野村自身は「自分がやりやすい環境を作りたいだけ」と語っているが、壁を作らずに人と接する野村の姿勢は場を和ませ、自然と明るい雰囲気を生み出す。インタビュー当日も靴ズレで足を引きずるなか、写真撮影の移動も「大丈夫、行きましょう」と瞬時に空気を変える。確かな演技力はもちろんだが、こうした彼の人間力もスタッフや共演者から愛される魅力の一つなのだろう。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は11月1日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]