『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』ブルゾンちえみ 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』ブルゾンちえみ 単独インタビュー

自分の殻を破らなければ妖怪になれない!

取材・文:坂田正樹 写真:日吉永遠

「子供たちに愛される作品に携わるのが夢だった」と語るお笑い芸人のブルゾンちえみ。『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は、まさに自身が待ち望んだ国民的人気を誇るアニメシリーズ劇場版の第5弾。母親を亡くした主人公や姉を亡くした少年、妖怪が見える少女が繰り広げる冒険活劇の中で、人の魂を食らう敵妖怪“玉藻前(たまものまえ)”を熱演した彼女が、声だけで表現することの難しさ、さらには本作のテーマでもある「友情」について熱く語った。

[PR]

夢がかなった喜びがプレッシャーを上回った!

ブルゾンちえみ

Q:まず、オファーを受けたときの感想を教えてください。

メチャクチャうれしかったですね! 子供たちが観る、いわゆるキッズ系作品に出ることが憧れでもあったので。だから、サンシャイン池崎さん(「ポケットモンスター サン&ムーン」で一足早く声優を経験)がすごく羨ましかったんです。子供たちにすごく人気がありますしね。

Q:ブルゾンさんはキャリアウーマンとか、割と大人向けのネタが多いですからね。

そうなんですよね。そういう芸風だからこそ、子供たちがワァーって群がってくる仕事にシンプルに憧れるというか。だから今回、子供たちに大人気の『妖怪ウォッチ』に携わることができてとても幸せです。

Q:プレッシャーは全くなかったですか?

最初は喜びの方が断然大きかったですが、プレッシャーはひたひたとあとからやって来ました(笑)。

Q:ナレーションや洋画の吹き替えは経験済みとのことですが、アニメの声優は初挑戦ですよね? 収録現場の雰囲気はいかがでしたか?

これは毎回思うんですが、声だけのお仕事は本当に難しいですね。わたしの場合、普段は濃いメイクだったり、顔の表情だったり、身振り手振りだったり、そういったパーツをフルに使ってネタをやっているんですが、芸人として改めて全身で生きていることを痛感させられます。だから、声だけで喜怒哀楽を表現する声優さんはすごいなと思いますね。

自分の「殻」を破ろうと決意した

ブルゾンちえみ

Q:今回は妖怪役ですが、自分の声が持つ「可能性」と本気で向き合ったという感じでしょうか?

確かにそうですね。ナレーションや吹き替えのお仕事は、いつもの自分の領域からそんなに外れた声ではなかったのですが、今回は妖怪役なので。普段「よし、妖怪の声を出してみよう!」なんて考えることもないし、正解が全くわからなかったので、本当に苦戦しました。

Q:監督とはどんなやり取りをされたのでしょう。

正解はわからないけれど、自分なりに考えてアイデアを持って現場に臨んだんです。でも、監督から「もっとです!」とバッサリ。「自分が思っている以上に、もっと妖怪に成り切って。ちょっとやり過ぎかな? と思うくらいでちょうどいいんです」って言われて。「もっと妖怪にならなきゃいけない……これはちょっとでも理性が働くと無理だな」と思って、客観的に自分を見ることをいったんやめて、「もうどう見られても構わない」「どんな醜い姿になっていてもいいや」と割り切って、自分の「殻」を破ろうと心に決めました。いつまでも恥ずかしさを持っていたら、永遠に妖怪の声を出せませんからね。

Q:殻は破れましたか?

自分なりに限界までがんばったつもりです。もう声を録っているときの姿は見せられないですね。その姿がまさに「妖怪」というか、「怪獣」でした(笑)。メイキング映像がもし出るとしたら、これはまずいです……。

Q:ご自身の妖怪ぶりに得点をつけるとすると、何億点ですか?

もう億の単位が出ているじゃないですか! まぁ35億点と答えておきましょう(笑)。

サブリーダー的存在が理想のタイプ

ブルゾンちえみ

Q:紫炎(しえん)を演じた小栗旬さんと同じステージに立てた感想は?

バラエティー番組でご一緒することはまれにありますが、同じ土俵でお仕事をやらせていただける機会があるとは思っていなかったですね。だから不思議な感じです。「ゲスト:小栗旬、ブルゾンちえみ」と並んだ文字を見ると、なんか笑えてきますよね(笑)。本当に現実に起こっていることなのかな? という感じが今もします。

Q:本作の中で好きなキャラクターは?

小栗さんが演じた紫炎もいいですが、やはり、ぬらりひょんの「あなたを支えます」っていう感じがたまらなく好きですね。グイグイ前に出るタイプではないんですが、自分のやるべき職務をきちんとやっている男子が結構好きなんです。普段の生活でも、「わたしがメインです」という人よりちょっと外れている人がかっこいいなと。

Q:主役を張っている人よりは、脇で地道な人が好きなんですね。

昔から3番手、4番手の人を好きになりがちですね。サブリーダー的な男子のかっこよさみたいなのがあるじゃないですか。

幽霊モノはNG?『妖怪ウォッチ』はOK

ブルゾンちえみ

Q:本作は「友情」が大きなテーマになっていますが、ブルゾンさんにとって忘れられない友情エピソードはありますか?

芸人を目指してからだと、ブリリアンの二人(with B)には、なんやかんや言っていますけど、友情というか、いろいろと感謝することがたくさんありますね。テレビに出させていただく前、一緒にオーディションをメチャクチャ受けたんですが、「おもしろ荘へいらっしゃい!」(日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」のコーナー企画)以外は全部落ちたと言ってもいいくらい散々な状態で。そのとき、ヘコみそうになったわたしを奮い立たせてくれたのが、どんなときもついてきてくれた二人だった。そんな彼らに「恩返ししたい」「いい思いをさせてあげたい」という思いが原動力になったのは確か。ピン芸人のブルゾンちえみだったら、ここまでがんばれなかったと思います。

Q:戦いの中で弱点を攻略する、というところも本作の見どころだと思いますが、ブルゾンさんの弱点は?

オバケと蛾が苦手です(笑)。『妖怪ウォッチ』に出ておいて本当に申し訳ないんですが、幽霊とかオバケが本当に苦手で、ちょっと怖い話を誰かがしようものなら、耳をふさぎます。でも、幽霊が苦手な人ほど、幽霊が面白がって出てくるらしいですね。

Q:何かトラウマになるような霊体験があったんですか?

ちょっと、やめてくださいよー!! こういう話をしているだけで来ちゃうので(笑)。

Q:大丈夫です、ここにいるスタッフ全員でブルゾンさんを守りますから(笑)。

例えばファミレスって、なんか上から覗けるトイレありますよね。そんなときに、「もし上に誰かいたらどうしよう、とか考えちゃって。それで恐る恐る上を見るんですが、姿形は見えなくてもいるんですよ! そこに! もう「ギャー」ですよね。だから、手をバァーっと洗って、全速力で友だちのいる席に戻ったりとか、そういうのは結構ありますね。で、着席したらテーブルの上に置いてある塩を肩にかけて、清めたりしています(笑)。

Q:よく『妖怪ウォッチ』に出られましたね!

幽霊関係のお仕事はちょっとNGみたいな感じになっているんですが、『妖怪ウォッチ』は、子供たちも観るマイルドなものなのでセーフでした(笑)。

Q:そんな怖がりのブルゾンさんが、妖怪・玉藻前を演じた『妖怪ウォッチ』最新作、見どころを教えてください。

いつもと違う登場人物と妖怪たちによる番外編のようなところもあるので、今まで『妖怪ウォッチ』を観たことのない方も十分楽しめます。大人から子供まで共感できる「友情」がテーマなので、ぜひ、ご家族で観にきてほしいですね。

Q:ブルゾンさんの声優ぶりについてもアピールがあれば。

どこかに、「あ、ブルゾンっぽいな」というフレーズが出て来るので探してみてください。わたしが声優を担当していることを知らない人も、「あれ? もしかして、ブルゾン?」っていうフレーズが落ちているかも……その辺りも楽しんでほしいですね!


ブルゾンちえみ

明確な特徴があるわけではないけれど、不思議と耳に残るブルゾンちえみの声。本人が言うように、彼女と知らずに聞いても、どことなく“ブルゾンちえみらしさ”に気付いてしまう。妖怪の玉藻前をダイナミックに熱演し、怖さも迫力も十分に伝わってくるのだが、どこかに“かわいらしいブルゾンちえみの素顔”がほんのり漂うのは、やはり彼女が持っている個性であり、唯一無二の“味”なのかもしれない。

(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は全国公開中

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]