『るろうに剣心 最終章 The Final』武井咲 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『るろうに剣心 最終章 The Final』武井咲 単独インタビュー

今の自分だから演じられた薫

取材・文:成田おり枝 写真:高野広美

圧倒的なアクションと熱量で観客を魅了してきた『るろうに剣心』シリーズが、『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』でフィナーレを迎える。佐藤健演じる剣心を一途に想い、支えようとする神谷薫を10年にわたって演じてきた武井咲は、「ものすごく貴重な経験をさせていただきました」と感無量の面持ちを見せる。10年の間には結婚、出産などプライベートの変化もあった彼女。今だからこそ演じられた薫、そして剣心との旅を通して得た宝物について胸の内を明かした。

[PR]

『最終章』を迎え感無量

武井咲

Q:『最終章』までたどり着いた今のお気持ちはどのようなものでしょうか?

10年を通して同じキャラクターを演じさせていただくことも、まずないことです。ものすごく貴重な経験をさせていただいたなと思っています。薫は、芯が強くて、信念を持っている女性。怖いもの知らずで、剣心に向かってまっすぐに突き進んでいくところもあって、そんなところも大好きです。薫を演じられてとてもうれしく思っていますし、こうして無事にファイナルを迎えられたことも感無量です。

Q:前作『るろうに剣心 伝説の最期編』の公開から少し時間が経ち、武井さんにとってはご出産後、久々の映画撮影となりました。そういった意味での緊張はありましたか?

大友(啓史)組に入るのは、どんな状況でも緊張していたかもしれません。やっぱり「また『るろうに剣心』が始まる!」と思うだけでも高揚するものがありますし、ドキドキとワクワクが半々という感じでした。『るろうに剣心』シリーズは、キャスト、スタッフのみなさんが常に上を目指していて、その情熱が少しでも欠けてしまうと完成しない作品だと感じていて。だからこそ、中途半端な気持ちで臨むことはできないし、『最終章』というシリーズの集大成を見せるためにも、足を引っ張ることはできないなと思っていました。

今だからこそ演じられた薫とは? 大友監督の言葉が励みに

武井咲

Q:本作で薫は、剣心に忘れられない妻がいたことを知ります。今回薫を演じる上で、ご苦労されたことはありますか?

前作までの薫は、剣心に対して「笑顔で今の時代を生き抜いてほしい」と思いながら、“人を活かす剣”という父からの教えを貫こうとしている女の子。本作では、そんな薫が剣心の過去を知り、巴さんという奥さんがいたこと、また彼女を自分の手で殺めてしまったことを知ります。その事実を初めて知ったときの薫の衝撃とは、どれほどのものだったのかと想像しました。薫の凜とした強さはブラさずに、心の揺れを見せていくことは、やはりとても難しいものだと思いました。

Q:薫の内面を表現する上で、助けとなったものは?

剣心の過去を知った薫は、その衝撃を乗り越え、すべてを受け入れて、さらに剣心を支えていこうと決心するんです。大友監督は「薫のその心の動きは、10代のあなたでは演じきれなかった部分だと思う。今のあなただからこそ、演じられる」とおっしゃってくださいました。「女優業というのは今の自分の状況や、経験してきたことを活かすことのできる職業なんだから、自信を持ちなさい」と。そう言っていただけてものすごく心強かったですし、本当にうれしかったです。

Q:それはうれしい言葉ですね!

そうなんです。撮影に入る前に「自分はちょっとでも成長できているかな。大友監督はどう見てくれるかな」と思っていたんですが、そんなふうに私のことを気にかけてくださっていたことが、ものすごくうれしかったです。だからこそ私も「今の自分だからこそ見えてくる部分、演じられる部分がある」と強く思って、撮影に臨みました。剣心から過去の告白をされるシーンも、「剣心はどんな話をするのだろう」というドキドキを感じながら、剣心の声のトーンや表情を見つめて、リアルな反応をしたいなと思っていました。

そばで見続けた、“佐藤健=剣心”のすごみ

武井咲

Q:共演者の方々との久々の再会はいかがでしたか?

剣心をふくめ、神谷道場の仲間と「赤べこ」で食事をしているシーンが撮影初日だったのですが、久々の『るろうに剣心』の撮影で、みんななんだかテンションが上がっていて(笑)。監督も笑いながら「ちょっとテンション高いよね」とおっしゃっていましたし、「やっぱりみんな楽しみにしていたんだな!」とうれしくなりました。『るろうに剣心』の撮影は過酷だけれど、「辛い」と言いながら、キャストやスタッフさんの誰もが、ハマっちゃっているんですよね。『るろうに剣心』の撮影現場は、中毒性があります(笑)。

Q:佐藤健さんとも、すぐに“剣心と薫”という関係を作ることができましたか?

時間が空いたことも感じず、すぐに“剣心と薫”に戻れたように思います。久しぶりにお会いしても、健さんは変わらずに剣心として目の前にいてくださる。「健さんには、剣心というキャラクターが染み付いているのだな」と思いました。健さんはいつもクールなんですが、その表情の裏には、前作よりパワーアップしていなければいけないという責任感や、いろいろなプレッシャーを背負っていらっしゃる。健さんはそれに負けない強いエネルギーを持っている方なんだなと感じています。私はいつも、なんとかそこに食らいついていくような気持ちでいます。

10代から20代への変化「より緊張するように……」

武井咲

Q:限界を超えるように、高みを目指してきた本シリーズ。大友監督や佐藤さんとの出会いもあり、武井さんにとっても大切な作品になったように感じます。

『るろうに剣心』の撮影現場では、「よりよい作品にするためにはどうすればいいのか?」と常に考え、そのシチュエーション、その瞬間ごとに、セリフや動きを変えていくこともあります。その過程は、とても刺激的です。大友監督からは台本に書かれていることがすべてではないことを教えていただき、その置かれた状況ごとに、“役として生きる”ことの大切さを学ばせていただいたと思っています。また、10代はとにかくがむしゃらに前進するだけでしたが、健さんが剣心に責任感を持って挑んでいるように、私も一つ一つ丁寧に、お仕事に向き合っていきたいです。

Q:10代から20代にかけて、お仕事の楽しみ方で変化してきたことはありますか?

10代は薫ちゃんじゃないですけど、怖いものなしというか(笑)。そういった面もあったと思います。年齢を重ねるごとに、緊張するようになってしまったような気もして……。でも緊張するのは悪いことではないと思うので、それをポジティブに変換できるよう、常に楽しい選択を続けられる人でありたいなと思っています。

Q:お母さんになられたという変化もありましたね。

家族がサポートしてくれるので、安心して仕事に向かうことができています。『るろうに剣心』は家族みんなが大好きな作品なので、ものすごく応援してくれているんです! 撮影当時も、集中して撮影現場に行けるようにしてくれました。『るろうに剣心』の撮影で、やっぱりものづくりは楽しいなと実感しました。これからもいい作品をつくっていけるよう、頑張りたいです。


武井咲

凜とした眼差しと、やわらかな微笑みをあわせ持つ武井咲は、神谷薫役にぴったりだったと改めて感じる。迫力のアクションとともに、剣心と薫の育む愛も、もちろんシリーズの大きな見どころ。未知なるチャレンジを続け、信頼を寄せる仲間たちと壮大なドラマをつくりあげた彼女の表情は、充実感に満ちあふれていた。力強く未来へと踏み出していく薫のように、武井咲も本シリーズでの経験を糧に、より羽ばたいていくことだろう。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は4月23日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]