シネマトゥデイ

U.M.A/レイク・プラシッド (1999)

2000年4月1日公開 82分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
U.M.A/レイク・プラシッド
(C)1999 TWENTIETH CENTURY FOX TM&(C)TWENTIETH CENTURY FOX

見どころ

「13日の金曜日」シリーズのパート2、3の監督、スティーブ・マイナーが贈るパニック・ホラー。“U.M.A”とは、科学的にはその存在が確認されていない未確認生物を示す言葉の略称。メイン州の森の中にあるプラシッド湖を舞台にした本作は、体長10メートルを超す巨大な生物と人間たちとの死闘を描く。『インディペンデンス・デイ』のビル・プルマンと『シンプル・プラン』のブリジット・フォンダが、体当たりの演技で事件の解明に挑む。

あらすじ

プラシッド湖で、ひとりのダイバーが下半身を食いちぎられて死亡する。遺体に残された歯型から、犯人は“何か巨大な生物”だということが判明。現地の狩猟管理官ジャックと古生物学者ケリーが、事件の調査に乗り出す。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LAKE PLACID
製作国
アメリカ
日本語字幕
配給
  • 東宝東和
カラー作品/スコープサイズ
(日比谷映画ほか全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]