クール・ドライ・プレイス (1999)

2000年6月10日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クール・ドライ・プレイス
(C)1999 TWENTIETH CENTURY FOX

見どころ

若い父親ラッセルをを演じるのがスピルバーグに認められ、「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に出演した注目の俳優、ヴィンス・ボーン。恋人役には「チェイシング・エイミー」でベン・アフレックの相手役でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジョーイ・ローレン・アダムズが複雑な役どころを演じきる。また、幼い息子カルヴィンには、アメリカとカナダで行われたオーディションの末選ばれた新人のボビー・モートが 天性の演技力で父と子の物語りに真実味を加える。

あらすじ

ラッセルはシカゴの法律事務所で働く有能な弁護士。しかし、ある日愛する妻ケイトはだまって家を出てしまい、残された幼い息子カルの面 倒を見るため時間をとられ、法律事務所を首になってしまう。

[PR]

映画詳細データ

英題
A COOL. DRY PLACE
製作国
アメリカ
日本語字幕
松浦美奈
提供
  • 20世紀フォックス映画
カラー作品/ドルビーSR/
(渋谷シネパレスほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]