シネマトゥデイ

クリクリのいた夏 (1999)

2000年7月8日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリクリのいた夏

見どころ

フランスで200万人を動員するビッグヒットを記録する。人々に懐かしい「しあわせ」を思い出させ、人間の豊かさの本質について再び考えさせる。監督は『殺意の夏』や『エリザ』とは180度のイメージ・チャンジをはかったジャン・ベッケル。『カンゾー先生』『奇人達の晩餐会』のジャック・ヴィレイユも好演。

あらすじ

1930年代フランスの片田舎の沼地の畔に1人者でしっかりした性格のガリスとちょっとおつむが足りないリトン一家が暮らしていた 。リトン家の3人の子供はよくガリスになつき、特に末っ子のクリクリは彼が大好きだった。

[PR]

映画詳細データ

英題
製作国
フランス
日本語字幕
石木まゆみ
配給
  • シネマパリジャン
シネマスコープ/パナビジョン/ドルビーディジタル/ディジタルDTSサウンド
(Bunkamuraル・シネマ他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]